柔道初心者にとって乱取りはかなりハードルの高いものかもしれません。しかし乱取りこそ柔道においての実践練習ですし、一番上達するのもこの乱取りです。

初心者でも乱取りを一生懸命すれば試合でも乱取りでやったことが結果として現れてくるのでしっかりやっていきましょう。

1.自分から取りに行く

乱取りは自分から相手をつかみにいくことが大切です。でなければいつまでたってもやりたくない相手とやる羽目になってしまいます。

初心者だから強い相手とやるのは申し訳ないだとか怪我するんではないかとか思ったりするものです。

しかし、そんなことは考える必要はありません。どんどん強い人にあたりに行ってください。

大丈夫です。強い人は怪我をするような投げ方はしません。

そして何よりも教えてくれます。強い人からより多くのことを吸収してより多くのことを学び上達をしましょう。

そして何より大切なのが投げられても投げられても攻めに行く心です。上を知ってしまえば下は怖くありませんし、どんどん攻めることのできる根性と体力がつきます。

強い人となるべく練習するようにしましょう。

2.やることを決めておく

乱取りをする前に決めておかなければならないことがあります。それは今日乱取りでなにをするかです。




今日自分はこの技で相手を投げるとかこないだはこんな技で投げられたからこうやって防ごうとか、乱取りでのプチ目標をきめておくといいです。

初心者のうちはただがむしゃらに柔道をする場合が多いですが、毎日の目標があるだけでモチベーションも上がるだけでなく楽しみながら上達することが出来るのです。そして目標が達成出来たらノートなどに記しておくとよいでしょう。

あとで見返したときにそういえばという風に思い出せればプチ目標も効果が出てくるというわけです。

3.必ず自分から攻撃する

乱取りにおいて一番やってはいけないことが受け身になるということです。特に初心者の内に自分から技を掛ける癖がついていない人はそれが当たり前になってしまってさぼり癖がついてしまうのです。

初心者の内は投げられて当然です。返されてもいいのでどんどん自分から技を掛けに行って動き続けるようにしましょう。

そして技を掛けるときもすべての技を投げるつもりで全力で掛けに行くようにしましょう。また初心者にやりがちなのですが、技に入りに行く方を見ながら掛ける人がいますがこれでは今から技を掛けますと相手に教えてしまっているので、相手の胸あたりを見て全体の動きを把握できるようにしましょう。

一生懸命乱取りをして柔道上達を目指しましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA