柔道には自然体と自護体という体の基本姿勢があります。これが出来てこそ柔道も上達するというものです。

意識してやっている人というのは少ないと思いますが、今一度しっかりといしきしてみてください。

1.自然体

自然体とは体に力を入れずいつでも攻撃することのできる姿勢です。試合の時礼をした後に足を前に出してはじめと声がかかるまでのあの姿勢が自然体です。

そしてそこから自分が右組なら右足を出して右自然体、左組なら左足を出して左自然体となるわけです。両足に均等に体重を掛け上半身に力を入れないのがポイントです。

これは柔道の基本の基本の姿勢です。しっかりとマスターすれば組み手に行くまでが素早くできいろいろな動きにも対応できるようになるので上達しておきましょう。

2.自護体

自護体とは相手の技に投げられないようにする姿勢です。両足を広く開き膝を曲げて重心を低く保ちます。

腰を後ろに突き出して、背筋を伸ばししっかりと前を向きましょう。この時も両足に均等に体重がかかるようにします。

この状態から右に一歩踏み出せば右自護体、左に一歩踏み出せば左自護体という風になります。慣れてくれば自護体の状態のまま歩けるようになります。




自護体の使用頻度はとても多く特に前技を掛けられたときや相手に奥襟を取られて身動きが取れなくなった時に使います。自護体は頭を下げないので、正しくしていれば頭を下げての指導はこなくなります。

また、前技を掛けられたときに内股や払い腰といった技の場合は足がかかる直前で自護体を取って相手の足をはね返しましょう。そして重心も低くなっているので相当な体格差がない限りは投げられることはありません。

また背負い投げを掛けられた場合いは、相手が回転しているうちに自護体に入りましょう。そうすれば相手は投げることが出来ませんしうまくいけば相手が手を放してかけ逃げを取ることが出来ます。

また、内股でも背負いでも自護体がしっかりとしていれば裏なげに行けるという大きなメリットもあります。投げられないだけでなく投げることもできるわけです。

しかし、注意する面もあります。それは前技をこらえた後、後ろ技で投げられることです。

一度こらえたからと言って安心せずにしっかり注意しておきましょう。また、投げられる原因の一つに重心が後ろに行き過ぎていくこともあります。

前後の重心もしっかり真ん中に置いておきましょう。あくまで重心は低くしているだけです。

自護体も自然体も柔道において大切な姿勢です。上達目指してしっかり練習しておきましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA