柔道には、立技(投技)と寝技(固技)があります。

そして立技には、手技が15本、腰技が11本、足技が21本、真捨身技が5本、横捨身技が15本あります。

これだけたくさんある柔道の立技の中で、柔道初心者がまず練習したい技とは?

おススメは、腰技の1つである大腰です。

柔道初心者でも、すぐに投げることができますし、また投げられても受身がとりやすい技です。

1.大腰

自然体で立ち、引き手は、相手の肘、釣り手は、相手の横襟を握っている状態から、引き手を引いて相手を斜め前に崩し、足を踏み入れながら、釣り手は襟を放して、相手の脇の下から、相手の後ろ帯を握ります。

両足の踏み込みは、足首と膝を柔かく使って、親指は畳から離れないようにすり足で行い、かつ腰を落として、相手の腰よりも自分の腰が下にあるように入ります。

そして自分の腰に相手を乗せて持ち上げてから、腰を回して投げます。

英語で「ヒップスローイング」といわれるように「腰に相手を乗せて、腰で投げる」という投げの基本的な感覚がつかみやすい技です。

また初心者が、柔道で1番重要な引き手の使い方を覚えるのにも適した技です。

1.引き手

引き手は、肘を大きく斜め上後方に引いて相手を大きく斜め前に崩し、片足のつま先外側に体重が乗るように崩します。

2.足

右足は相手の右足の内側に、左足は相手の左足の内側に踏み込んで、自分の体を回転させながら体の前、下方に入ります。

このとき足は親指から着地し、膝を曲げて腰を落とし、自分の腰が相手の腰より低い位置にあるように入ります。

3.釣り手

釣り手は、相手の背中に差し入れ相手の帯を握ります。




4.持ち上げてから投げる

膝の伸展と引手を効かせて相手を持ち上げて投げます。

2.練習法

柔道の投技の練習メニューは、基本的に反復することが多いです。

ただ数をこなすだけではなく、内容や質を高めて行うことが上達のコツです。

1.1人打ち込み

自然体で立った状態から、相手を想定し、大腰に入る練習をします。

できれば相手の足の位置をテープなどで印をして、足を置く位置を考えて大腰に入ります。

すり足で入ること、腰を落として入ることを忘れずに入ります。

そして逆回りで元の位置に戻ります。

何度入っても、同じ位置に足が置くように入る練習を行います。

上体が崩れないように気をつけ、しっかり引き手と釣り手の動きも行いましょう。

2.2人打ち込み

2人打ち込みを行い、引手で相手を崩す練習、何度入っても同じ位置に足を踏み込む練習、腰を落として技入る練習、

打ち込みの間、常に自分の姿勢は崩れず相手を崩すようにします。

3.移動打ち込み

移動打ち込みで、技に入るタイミングの練習します。

4.3人打ち込み

3人打ち込みで、相手を持ち上げて、投げる動作もやってみましょう。

3.打ち込みの重要性

柔道の練習メニューの中で、打ち込みは技の形を覚える練習ですが、実際に通じる技にするためには、形・スピード・パワー・タイミングが不可欠です。

そのために

・正しい技の形を覚える

・何回行っても同じ形で入れるようになる

・相手を充分に崩すことを覚える

・型ができたらスピード

・スピードがついたらパワー

・パワーがついたらタイミング

と打ち込み練習を上げていき、上達させていきます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA