柔道の大内刈りは、相手の懐に大きく入って、自分の足の外側で、相手の足の内側を刈り後ろに倒す足技です。

この技は、踏み込みが浅かったり、ただ足を前から後ろに掛けただけでは躱されたり、返し技を掛けられやすいです。

牽制や崩しに使のに便利な技であるため、内股、大外刈り、背負い投げ等の連続技として使われることも多いが、そのままで一本取る技としても多用されています。

気を付けなければいけないのは、刈る足を相手の足に絡ませてしまうと、禁止技の河津掛けとなり、反則を取られてしまいます。

シンプルに使える技ですが、それだけ返し技もあり、崩し方をしっかり身に着けたうえで、思い切った踏み込みとか、足の掛け方をうまく行う事が必要です。

しっかり、身に着けて柔道の上達を図りましょう。

1.大内掛けの掛け方と崩しについて

柔道の大内刈りは、組み合った状態から、刈り足を思い切って相手の中心付近に踏み込みます。

それと同時に、釣り手では肩を抜き、相手がかかとに体重が載るように、下方に圧力を掛けます。

引手も同様に、刈る足の踵に体重を乗せるようなイメージで、肘を押し込みます。

この時、踏み込みが浅くなると、大きく刈ることが出来なくなり、腰も入らないため、返されたり、つぶされる危険も増しますので、思い切った踏み込みが重要になります。

また、踏み込んだ時に体が斜めになっていると、小外刈りや大内返しで返されやすくなりますので、体を正面から正対するのがポイントになります。




ここから、足を刈るわけですが、まっすぐ後ろから前に掛けると、踏みとどまれて、技が掛からない恐れがあります。

確実に掛けるには、ふくらはぎの横を使って、いったん相手の足を横に広げ、重心を崩させます。

そこから、ふくらはぎの裏を使って、手前に大きく、相手の足を引き込む様に掛けると掛かりやすいです。

この時、釣り手と引手は、刈る足の踵をめがけ、ㇵの字になる様な圧力の掛け方をすると、相手は残りにくくなります。

また、足の刈る場所は、相手のふくらはぎの下が一般的ですが、下すぎると、相手に足をすかされやすくなるため、気を付けましょう。

1)大内刈りの崩し方について

柔道の崩し方には、いろいろな方法がありますが、基本的には相手の重心を保てなくして、不安定にさせることと言えると思います。

大内刈りの崩し方の場合も何点か、方法があります。

まず、足の掛け方ですが、思い切って踏み込んで、相手の動きを制限して、最初に足を横に広げるような動きをすることで、相手はバランスを崩してしまいます。

これで、相手の体勢が崩れているので、技が掛かりやすくなりますね。

もう一つは、相手の柔道着の襟を握って、脱がせるような感じで下げると、腕同士が相対する形になって逃げずらくなります。

この時、引手を下に引き下げるようにすると、相手は重心を崩してしまいます。

つまり、下半身と上半身をうまく連携させて、どちらも重心の崩し方を進めて、最後に技をかけているという事ですね。

これにより、大内刈りの技のかかる確率は、かなり高まり、上達が図れますね。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA