柔道をやる上で小内刈りは必ずやる技で技のつなぎににも、使われますしそれ単体でも大いに投げることのできる技です。そして小内刈りにとって重要となってくるのがあしさばきです。

主に後ろ回りさばきを使って掛けますが上達をすればどの体勢からでも入ることのできる強い味方になってきます。そこで今回は柔道の基本ともいえる後ろ回りさばきからの小内刈りを紹介しようと思います。

1.まずは一人で練習

後ろ回りさばきからの小内刈りといっても背負い投げの時のように一回転するものではありません。相手を誘いこむために足一歩分くらいの足を下げる動作になります。

この小内刈りはリズムやタイミングが重要になってきます。足をさばいて相手の足が出て来たタイミングで小内刈りを掛けます。

その時のポイントとしては相手の足が畳につくか、つかないかの絶妙なタイミングで掛ける必要があるということと相手の体をしっかり崩しながら引手は引いて釣り手は突けているかが重要になってきます。

しかしいきなり相手とやってできるものではありませんしリズムをつかむ為にもまずは一人でやってみてください。まず畳を後ろ向きで歩きます。

慣れてきたら、一歩目の足が楕円を描くように自分の体の方へ引き二歩目で小内を掛け、無駄なくまた歩き同じ動作を繰り返します。この時に重要になってくるのがしっかりとイメージしながらやるということです。




相手の足が出て来るように足を下げているか、相手の足はいま掛かっているのか、上半身は崩せているかをしっかり完璧にイメージしながらやってください。

慣れてきたら移動打ち込みをして相手がいる状態でイメージ通りできているかを確認しましょう。

2.使うタイミング

いよいよ実戦で使ってみましょう。まずこの後ろ回りさばきからの小内がりとは一定のスピードでやってはいけません。

普通の動きをしているときに急に早くするからかかるのです。ですから相手を引き出す時はなるべく早く一瞬で引き出して技にいきます。

そこで投げれなくても次の技につなげればいいので安心して思いきり掛けてください。乱取りや試合ではいろいろな動きをしていると思います。

その中で相手が前に出てきそうだなとか相手を押したら踏ん張ったぞとか、そういうタイミングを見極めて今までの動きを断ち切って素早く引き出し小内を掛ければ投げることができるのです。

柔道において後ろ回りさばきの使える状況は数多く存在しこの技で投げることができるならば相手も警戒し自分が有利な状態で試合運びができるだけでなくそれが自信につながり、ほかの技も生きてきます。練習をすれば必ずと言っていいくらい出来るようになるので柔道上達目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA