柔道にとって体さばきとは非常に重要で特に必要としているのが背負い投げです。背負い投げは回転する技ですし、スピードも重要になってきます。

そこでどうすれば後ろ回りさばきの背負い投げが上達するのか考えていきましょう。

1.相手を引き出す

後ろ回りさばきとは相手を引いてきたときにする体さばきです。相手が前に歩いてきたときや押してきたときに相手の力を利用して技を掛けたいときに特にこの後ろ回りさばきによる背負い投げが効果的です。

そして何より、しっかりと引手を引き出してくるということが大切です。引手を斜め前へ引き出してから回る。

そして、ただ回るだけでは相手にうまく力が伝わりません。回った後止まる必要があります。

引き出してきて回ったその回転力を一気に止めて力を前へ伝えることによって背負い投げが力強くなるのです。また後ろ回りさばきを生かすためには技に至るまでの布石が大切になってきますので相手が前に出てくるようにしっかりと足技とフェイントを使っていきましょう。

2.後ろ回りさばきを上達させるには

柔道で技を上達させるには何が一番いいのかといとやはり打ち込みです。後ろ回りさばきも例外ではなくやはり打ち込みによってその精度が上がります。




理想はどんなに回数をやってもどんなに早くやってもまた、誰とやっても同じ位置に技を入れるようになることです。そして移動打ち込みで技に入るまでのリズムをつかむのもいいでしょう。

移動打ち込みと言ってもゆっくりやっていても意味はありませんし、目標をしっかりもってやった方がより成果は上がります。初めは自分より背の高い相手と練習したほうがやりやすいと思います。

そして、相手がいなくても一人でやる練習方法としましては、ゴムで一人打ち込みというものがあります。壁にゴムチューブを括り付けて一人打ち込みをします。

これは筋力アップと技の練習とゴムによる筋肉のストレッチの効果が期待できます。そしてごむは短く持てば負荷が上がり長く持てば負荷が下がるので、自分に合った強度で練習できます。

3.最後に

後ろ回りさばき自体は一人の練習でも十分上達しますが背負い投げは打ち込みや乱取りといった練習でないと上達しにくいのでしっかりと練習しましょう。

また柔道は相手がいないとできないスポーツなのでしっかりと相手に感謝の心を持って練習できるといいですね。柔道上達を目指してしっかりと練習をして試合で背負いをかけましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA