柔道の寝技や立ち技で帯取り返しをする場面はあると思います。帯取り返しをした後は縦四方固めに行くのが無難ですが縦四方固めは逃げられる可能性があったり入れない場面があります。

そういったときに横四方固めに入るのが得策です。そこで今回は帯取り返しからの横四方固めを紹介しようと思います。

1.帯取り返しを出来るようにしよう

帯取り返しのやり方は知っていますか。立ち技寝技どちらもありますが、あまり違いはないので寝技のやり方で紹介します。

まず相手が四つん這いになっているときに相手の頭の方に行きます。次に相手の帯を持つのですが、必ず親指を入れて持って下さい。

そしたらもう片方の手を頭の方から相手の肩をすくって帯を持っている方の手首を持ちます。そしたら相手の体を持ち上げると同時に自分の体を入れ込みます。

この時に方膝は立てておきます。そして相手を引き付けながら自分のお尻を滑り込ませて、さっき膝を立てていた方の足で踏ん張ってもう片方の足を相手の足に引っ掛けて後ろに返します。

この時返す時は真っすぐではなく首抜きという動きで重心を肩にかけて少し斜めに返します。そして引っ掛けた足は,足首を直角に曲げて、上に突き上げましょう。




そして返したら相手の上に乗り抑え込みます。

2.横四方固めにいこう

帯取り返しをして相手の上に乗ったら、片足が引っかかって片足が引っかかっていない状況になっています。この状況をみて何か思いつきませんか。

そう、腰を切ればいいのです。もう相手の片足はロックされた状態になっているので腰を切って足をクロスして持ってくれば、あとは切り替えるだけで横四方固めになります。

上半身がやりにくい状況になっていたなら持ち替えても構いませんが返しに注意しましょう。また横四方固めに移行するときは相手の体と自分の体を離してはいけません。

これは柔道の寝技のどの部分でも共通してあることなので覚えておきましょう。そして一番怖いのは足を絡まれることです。

せっかくここまでできているのに足を絡まれて待てを掛けられてしまってはもったいないです。足は絡まれないように素早く切り返しましょう。

立ち技の帯取り返しもやり方は一緒です。腰を引いている相手に同じように返せば抑え込めますがつぶされてしまわないように注意しましょう。

柔道において寝技は重要ですし帯取り返しも上達すればいろいろな場面で使えます。ぜひ練習をして抑え込みで一本を取れるように柔道上達目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA