柔道の内股においての連続技、つまり内股から内股はとても効果的に相手を投げることにつながります。しかし片足になる時間が長いのでリスクが大きい一面もあります。

では内股の連続技とはどういうものなのでしょうか。

1.戻らずにかけよう

連続技と言ったらふつうは技を掛けて一回戻ったり相手を押したりして少しの間があってから同じ技を掛けるのですが、内股の場合は間をあけずに一回掛けて相手の足がついた瞬間にもう一度かけるほうが有効です。

内股は足を掛けてからすぐにまた掛けれる技なので相手に体勢を立て直す間もなく技に入ることが重要です。またこの時に上半身は相手を崩した状態のままにしておかないとすぐに入れないので足をついても上半身は崩したままにしておきましょう。

また内股の連絡技にはこのようなものもあります。それは内股のようにまず相手を崩します。

そして脚を相手の掛けるほうの足の少し後ろに、かかとから畳を蹴るようにつきます。その時に相手の足が畳から少し浮いたらついた足はそのままに踏み込んで内股に入ります。

これは相手の意表もつけるのでぜひやってみてください。

2.内股の連続技に入られないために

柔道において連続技に入られると苦しいものです。では、連続技を掛けられないためにはどうしたらいいのでしょうか。




まずは自分から掛けることが大切です。攻めは最大の防御です。

相手に技を掛けれられて、そのまま動かないいままでいるとまた同じ技を掛けられて投げられてしまいます。技を掛けられたら動くなり技を掛け返すなりをして反撃しないといけません。

何もしないと投げられなくても指導を取られてしまいます。また、技を掛けられる前に、掛けられないように対策することも大切です。

例えば技を返したり思いきり技を掛けたりして相手に警戒させることです。相手に警戒させておけば相手はうかつに技を掛けてこなくなります。

また相手が内股を掛けて来た時に自分の膝を曲げて相手の内股を掛けて来た時のふくらはぎを自分の脛で受けるようにすれば内股を止めることが出来ます。この時は胸を張ってお腹を前に突き出すようにしましょう。

また、常に動き続けるというのも大切です。常に動いていれば攻められにくいし攻めやすい状態になります。

上半身がお互いに動いていなくても足だけでも動かしていけば有利に立つことができます。

このように柔道で連続技を掛けるときも掛けられるときもそれに至るまでの準備が非常に重要になるのでこれらをいしきして上達を目指しましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA