柔道の内股を絡めた連絡技は、いろいろあります。

連絡技というのは、二つの技の間の相性が重要で、流れるような動作の中で、自然に一つの技から次の技に移行できることが必要です。

動きが、逆になったり、無理な力が必要な様では、いい連絡技とは言えなくなります。

ここでは、内股を使った連絡技をいくつかを紹介していきましょう。

柔道の上達のためにも、是非身に着けて、使いこなしてください。

1.内股を絡めた連絡技

それでは、内股を絡めた連絡技の紹介をしていきます。

二つの技の間の相性や利点を理解すると、技を使いこなしやすくなります。

1)小内刈りから内股

内股は、技の掛けるとき、自分が相手の足の間に入り込めないと、相手を跳ね上げることが出来ません。

そこで、最初に小内刈りで相手の足を刈り、相手の足を広げさせると、深く入りが出来ます。

そこで、小内刈りは、相手の足を横に刈るようにして崩すようにします。

そのまま、深く入ったら、跳ね足を効かせて、一気に相手を投げます。

これは、小内刈りを相手の崩しにうまく利用する技です。

2)大内刈りから内股

この技は、釣り手と引手で相手を崩し、大内刈りで相手の足を手前に刈ります。




この場合は、しっかりと大内刈りで決めるつもりで、掛けていき、相手に残られた場合に、内股に移行します。

相手との距離が開いてしまうため、思い切って相手に踏み込んで、斜め後方に追いかけるようにします。

相手が体勢を戻せないように圧を掛けていき、跳ね足をそのまま掛けるように体を回していきます。

このとき、最初の刈り足で跳ねるのではなく、別の足で跳ね上げることがポイントです。

とにかく、踏み込みをしっかり行って、相手の体勢が整わないうちに、内股を掛ける必要があります。

3)小外刈りから内股

これは、大分高度な技になります。

というのは、小外刈りは、一度相手の外側に出てから、内股に入るので、イメージしにくいと言われます。

組み合ったら、相手の外側に踏み込んで、前方に相手の足を刈ります。

相手の足を刈ったら、刈り足をその場で着地させて、その足を軸にして、引手を水平に引きながら回転します。

相手の中心に入れたら、さらに引手を引き、相手を前に引き出し、相手を投げます。

ポイントは、小外刈りの後、すぐに内股に移行しないで、しっかり相手の正面に入り、相手を引き出してから掛けることが大事です。

いろいろな連絡技の中に、内股を入れることは有効ですので、是非自分のパターンを作って、柔道を上達させてください。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA