柔道をしている人にとってケンカ四つというのはやりにくいものですよね。相手の技もかかりにくいですが自分の技もかかりにくいです。

そこで今回はケンカ四つの相手にどのように内股を入れば投げることができるかについて考えていきましょう。

1.相手とまっすぐ向き合う

ケンカ四つで投げることのできない一番の原因は半身になっていることです。お互いに相手の技を警戒しあっているうちに半身になって足を伸ばしても全然相手の足まで届かないような状態になってしまいます。

ではどうすればいいのでしょうか。まずは相手のバランスを崩すということです。

相手のでている足を攻撃したりフェイントを使ったり肩を入れ込みながら動かしてみたりしてとにかく止まってはいけません。止まるとまた半身の状態で固まり振り出しに戻ってしまいます。

そして相手を動かして相手のバランスが少し崩れてきたと思ったらすぐに相手と向き合う位置に行くか相手の正面の位置に踏み込んで内股を掛けに行ってください。

これは内股だけでなくすべての技に応用できます。重要なことはケンカ四つの場合相手と向き合わないと投げることができないということです。

2.小外刈りからの内股

ケンカ四つの時は小外刈りや大内刈りといった技の場合足が近いのでかかりやすいです。まず、小外刈りを掛けて相手の足を後ろに下げさせます。




これで半身の状態が少し緩和されて技が掛かりやすくなります。そして刈足を畳に着けず、真上に上げて下ろす勢いとともに内股で刈りあげます。

これは軸足もジャンプしなければなりませんし体も180°回転しなければなりませんがかかりやすくけんけんでも追い込みやすいので非常におすすめです。

また大内刈りでも同じようなことができます。この時も普通の大内刈りを掛けるのではなく相手の足を下げさせるようにはじくように掛けます。

そして下がったら、相手を引き付けながら二歩目の足を引き付けて内股に入ります。このように足技と組み合わせることによって掛けにくいケンカ四つに対しても内股が生きてくるというわけです。

3.最後に

ケンカ四つの相手と柔道をするときに大切なことは技を掛けるときに相手と半身の状態にならないということです。しかも内股は片足で投げる技なので半身だとけんけんをすることもできず相手に避けられてしまいます。

これでは技は上達しません。守るときは半身、攻めるときは向き合うといったようにしっかりと使い分けましょう。難しいとは思いますがしっかり練習をすればできるようになることなので柔道上達を目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA