柔道の技のなかで大内刈りからの連絡技は数多く存在します。そしてそれらはかなり有効で使わない選手はいないくらいでしょう。

背負い投げも同じで大内刈りからの背負い投げを身につけておけば技の可能性が広がります。今回はその大内刈りからの背負い投げを紹介しようと思います。

1.とにかく早く

大内刈りからの背負い投げにはいくつかのスタイルがあります。まずは掛けきるやり方です。これは大内刈りを掛けきって相手を投げれなかったときにすぐに切り返して背負い投げに移行するやりかたです。

これはフェイントを使うとより効果的です。一回背負い投げに行くと見せかけておいて大内刈りに入ります。これで投げれる可能性も十分ありますが、投げれなかったときに背負い投げに移行します。

注意点としましては相手が崩れているタイミングがずれていたり投げられそうになった相手が前じゃない方向に戻ろうと動いてきたときに背負い投げに行けないということです。

背負い投げだけでなくどんな動きをしてきても対応できるようにしておきましょう。また、大内刈りも横に相手の股を割くように掛けてあげると相手のバランスを崩しやすくなります。

人間は真っすぐの動きには強いですが、横や斜めといった動きには弱いのでそこを利用して攻撃しましょう。




2.つまずかせる

二つ目はつまずかせるやり方です。これは大内刈りをしたときに自分の足で相手の足をはじくように大内刈りを掛けて相手を一瞬強く押します。

すると相手は片足で押されるために必ず下がります。しかし押されるのが一瞬なために反動で勝手に体が前に戻ろうとします。

ここで背負い投げを掛けると投げることができます。この時に相手が戻って来ずにずるずる下がるようなら、そのまま潜り込んで投げるのもありです。

これの注意点としましては押すときに思いきりぐっと押すのではなく、相手の意表を突くように早く反射で相手が動くように一気に押すようにします。

また大内刈りがいい加減になってしまったり動きがバレバレだったりすると返されてしまう場合があるので注意しましょう。

3.最後に

大内刈りからの背負い投げは柔道の基本ともいえる技ですが簡単そうで簡単ではありません。しかし上達すれば大きな武器になります。     

普段の練習からこういう風に動かせば相手はこう動くというのを意識しながら乱取りとかをしていれば自然に身についてくるはずです。柔道上達を目指して常に動き続けるように練習を頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA