袖釣り込み腰というは技は柔道をやっていたら必ず目にする技ではないでしょうか。袖釣り込み腰はたいてい連絡技で使用されます。

そこで今回は小内刈りからの袖釣り込み腰を紹介しようと思います。

1.袖釣り込み腰を出来るようにしよう

袖釣り込み腰という技をみたり聞いたりしていてもいざやろうと思ったらできない人も多いのではないでしょうか。まずそで釣り込み腰というもは両袖を持ちます。

そして本来釣り手の手を高く上げ袖を持っていますが釣り手の役割をさせます。そこに引手の手を手首にクロスさせるように当てていきながら背負い投げの反対向きの要領で投げていきます。

この時に足の一歩目は右組なら右足を左へ、左組なら左足を右へ踏み出して、二歩目は前回りさばきの要領で回してわざにはいります。

この動作が小内刈りに応用できるというわけです。

1.小内刈りからの連携

先に説明したように袖釣り込み腰は踏み込む足を一回反対側にもっていくという一つ余計な動作が加わります。この時に技を掛けて相手のバランスを崩せれば効率がいいわけです。

袖釣り込み腰は両袖で投げる技ですからよし少ない力で投げたいのです。そのためには自分の釣り手側に相手の体重がなるべくのるようにしなければなりません。




そこで今回まず紹介したいのが股裂きの小内刈りです。これは普通の小内刈りとは違います。

普通の小内刈りをしてしまっては足をスムーズにつくことができないしそれによって袖釣り込み腰にいくことがばれてしまいます。だから股裂きの小内刈りなのです。

これは足の裏で相手の足の内側のくるぶしを思いきり蹴るやり方です。足払いの小内刈りバージョンと考えると分かりやすいです。

そして相手の足を刈ったらすかさず畳に足をつき袖釣り込み腰に行くようにしましょう。上半身で左右に振りながら小内をすると有効です。

右に振られた相手は左に、左に振られた相手は右に行こうとしますからそこで自分が相手の重心の位置を操ることができるのです。

そして袖釣り込み腰で投げ切れそうになかったら前に走ってくださいそこは背負い投げと一緒で走って自分の体ごとひねればなげれます。

柔道をやっていたら一度は袖釣り込み腰で投げたいと思うものです。この小内刈りからの袖釣り込み腰も難しい技ではありますが上達するにつれてより確実に投げれる技になってきます。

一生懸命練習をして柔道上達を目指しましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA