柔道において非常に重要になってくるのが連絡技です。背負い投げも例外ではなく単発で掛けるよりも何かの技と組み合わせてかけた方が効果的なのです。

小内刈りからの背負い投げについて説明しようと思います。

1.小内刈りを出来るようにしよう

小内刈りを正しいやり方でやっていますか。なんとなくそれっぽくやっている人も多いと思います。

しかし、柔道にとって正しいやり方というのは大切で、それっぽくやっていると意味のない技になってしまっている可能性があります。

まず小内刈りは何種類かありますが今回は背負い投げとの相性がいいやり方を紹介します。まず引手を自分の方に引き付けると同時に自分の引手の方の足も下げます。

そしたら相手の足が前に出てくるか出てこなくても重心は片足にのります。その足を刈るわけです。

刈り方としては、自分の足首を回してつま先を横に向けます。そして相手の足首の裏の筋のところに掛けてまっすぐではなく斜めに引手の方向に刈ります。

そして一番大切なのが釣り手で相手の顎を押すということです。釣り手と引手の肘をくっつけるようにして押すと力が入りやすいです。

2.打ち込みでやってみる

いきなり乱取りや試合で使おうとしてもぎこちない動きになってしまい結局投げることができません。柔道上達にはやはりうちこみです。




小内にはいって相手を押し切って相手が戻ろうとしてくるところに背負い投げをするというこの一連の動作を、目を瞑っていてもできるくらいに体に叩き込みましょう。

ここで注意しなければならないのが慌てないということです。小内刈りでせっかく相手の重心を崩したのに、体重が後ろにかかっているとき背負い投げを掛けようとすると力が余計に必要になるので逆効果です。

相手が体勢を立て直そうとしたときに入るから効果があるのです。このタイミングというものを意識して打ち込みをしましょう。

3.最後に

乱取りや試合でこの連続技をするときはしっかりと相手を崩して相手を疲れさせてバランスを崩しやすい状態にあらかじめしておくということが大切です。何も崩れていない状態からいきなり連続技で崩そうとしてもうまくはいきません。

柔道は技に行くまでの動作が非常に重要になってくるのです。小内刈りも背負い投げも一つ一つの技を投げるつもりで丁寧にやって、それで投げるためにほかの動作を本気でやる。

ひとつひとつの動きをしっかりやっていれば必ず相手を崩せるのでしっかりと崩せるよう、上達目指して練習をしましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA