小外刈りからの大外刈りという連絡技は外から外にかける技なので掛かりにくいように思えます。しかし相手のことを多く揺さぶることができ、動きも大きくダイナミックな技になるのでとても効果的に投げることができます。

柔道をやっているならぜひやって欲しい連絡技なので覚えてみてください。

1.相手の体を根こそぎ刈り取る

柔道で身体の重心バランスがとても重要な意味を持っていることは知っていると思います。相手の重心を大きく振れば振るほど、相手は大きく崩れ投げやすくなります。

これを利用したのがこの小外刈りからの大外刈りです。まず小外刈りで相手の足を刈ります。

そしたら相手の足が浮いているうちに踏み込み大外刈り入ります。この時のポイントとなる部分は上半身で大きく崩すということです。

小外刈りでは釣り手の方に崩し、足を刈ったら次は相手の顎にアッパーをするように大外刈りの崩しをします。この時に踏み込む足は、普通の大外刈りをするようにではなく走りこむようなイメージで早く大きく踏み込むようにしましょう。

走すれば相手のバランスが大きく崩れて片足になった相手の足を刈り上げ投げるのです。




2.より効果手にかけよう

この連絡技は崩しがとても重要になってきます。小外刈りの時点で崩せていないと当然、大外刈りにも入れませんし逆に自分が崩れて返されてしまいます。

よってこの技は相四つの時にかけるよりも、ケンカ四つの時にかけるのがより効果的です。また、技を掛ける前にしっかりと崩しを入れておく必要があります。

腰を引いてこらえている相手だったら前に引いてから掛けたり、相手に引き付けられている時だったら一回前技を掛けて相手との距離を取ってから掛けてみたりだとかすると効果的に相手は崩れます。

相手が一番いい状態の時に技で崩そうと思ってもなかなか崩れません。相手が自分の動きが出来ない状態を作ってから技を掛けるように意識をしてやるようにしましょう。

3.最後に

柔道においていろんな場面で使う小外刈りですがしっかりとやれていますか。なんとなくでやっている人も多いと思います。

しかし小外刈りをうまくできるかできないかでケンカ四つとの戦い方が変わってきます。小外刈りはほかの技に比べすくない動作で技に入ることができます。

この小外刈りからの大外刈りを上達するうえでも必ず必要になってくるので練習してみてください。外側をかる技をしっかりと身に着けて、柔道上達を目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA