柔道の関節技で腕挫腕固めという技があります。この技は色々なはいり方があり、逃げた後も抑え込みに行かれやすい技です。

そこで今回はこの腕挫腕固めの逃げ方について紹介しようとおもいます。

1.投げ損ねたときに注意

腕挫腕固めという技は相手の腕を伸ばさせて両手で相手の腕を抱えるようにして肘を決めに行く技です。基本の形は仰向けの相手が逃げるためにこちらに向いてきたときに足で相手の体が動かないようにしてから腕を抱え関節をとります。

実戦では四つん這いの状態の相手を回して下から関節を取ったり、上に乗った状態からでもっ関節を取ることがよくあります。

まずこの腕挫腕固めは立ち技から寝技に移行する間にかけることも多く、前技で投げ切れなかったときや相手につぶされてしまったときには注意が必要です。この時に腕が開いているとそのまま関節を取られてしまいます。

そこで投げ損ねたときはすぐに腕を自分に引き付けて腕を取られないようにする必要があります。

2.腕を取られたら

柔道の関節技で怖いところは押さえ込みに入られるのか関節技なのかその両方なのかわからないところです。この腕挫腕固めも四つん這いの相手を縦に足を使ってから関節を取ることがよくあります。




しかしやられている方からするとそれが抑え込みなのか関節なのかわからない場合が多いです。
その時に腕を取られてしまう場合が多いです。

そして腕を取られてしまったときの逃げ方としましてはまず伸びている腕を曲げに行くのが最優先です。そこで相手の方に体を走らせて相手と密着するようにして相手との距離を縮めてそこから腕を抜きに行きます。

もしくは反対の手で抱えるようにして腕を曲げてから相手を上から攻めるように移行しながら逃げます。

どの体勢から関節を取られてもまず相手に接近してから腕を曲げに行くというのは変わりません。そしてこの腕挫腕固めの怖いところはほとんどの場合関節から逃げても腕が残ってしまい抑え込みに行かれてしまうということです。

いくら関節技の逃げ方が上達しても抑え込まれてしまっては元も子もありません。関節技から逃げれたとしてもすぐに切り替えて自分から攻めることを意識して動くようにしましょう。

相手も勝つために来てますから相手の方に向いて逃げたときにそのままだったら押されて抑え込まれるので相手の背中につき替えすようにしましょう。

しっかり練習すれば必ずできるようになるので柔道上達目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA