柔道の寝技において四つん這いや腹這いの状態から回されて抑え込まれるときは、たいてい縦四方固めで抑え込まれる場合が多いです。そして縦四方固めからの逃げ方を覚えることは柔道上達にはかかせない要素です。

そこで今回は寝技において重要な縦四方固めの逃げ方を紹介しようと思います。

1.上から逃げる

縦四方固めで抑えられているときはほとんどの場合上半身がきめられていて、首と片腕が自由の効かない状態になっています。その場合まずはきめられている上半身からまず初めに逃げることが大切です。

まず、肩ブリッジのようにして斜め上に腕を持っていき一気に腕を下げ少しでも良いので相手と自分の腕との間に隙間を作ってください。隙間が出来たら腕を相手の固めている腕から抜きます。

抜けないならそのまま肩ブリッジで相手と一緒に回って相手の上に乗りましょう。この場合足が相手に絡まれていない状態にしておきましょう。

縦四方固めは相手に足が絡まれていると逃げるのが難しくなりその場合だと相手と回るしか逃げる方法がなくなってくるので、相手に足をからまれないようにしましょう。




2.足を絡めば逃げれる

縦四方固めで一番早く確実に逃げれる逃げ方は足を絡むことです。縦四方固めは相手の足と常に密着しているので相手の足を絡めば逃げることができます。

ただし、リスクもあります。縦四方固めは足を絡んでは逃げやすいですが、またほどかれたらすぐに抑え込みになってしまいます。

だから、必ず足を絡むときは二重絡めで絡むようにしましょう。また、一番注意すべきなのはわざと絡ませてくる選手です。

わざと足を絡めさせて、そこから切り返して横四方固めに移行したり、上半身をきめて関節技に移行する選手がいます。私もそうでした。

だから絡んだら、そのままで安心するのではなく絡んだら徹底的に守るか、すぐに逃げるようにしましょう。

3.練習方法

柔道の寝技の一番早く上達する方法はいっぱい寝技乱取りをすることです。縦四方固めの逃げ方も例外ではありません。

逃げ方はやっているうちに体に覚えさせるしかありません。二人組になって片方が縦四方固めで抑えられている状態、もしくはそこから足を絡んでいる状態から始める寝技乱取りをするとその状態から逃げる練習にいいと思います。

柔道の寝技で縦四方固めの逃げ方が無数にあるように抑え込み方も無数にあるのでそのすべてに対応できるように練習を重ね柔道上達を目指しましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA