柔道の寝技で抑え込まれたときに特に苦しい技の一つに後袈裟固めがあります。意外とこの後袈裟固めの逃げ方を知っている人が少ない上に抑え込まれると逃げるのが難しい技でもあるので今回は後袈裟固めの逃げ方を紹介しようと思います。

1.腕を抜く

後袈裟固めは相手の腕を持って後ろを向くことで抑え込むことのできる技です。だから後袈裟固めから逃げるにはまず何をおいても腕を抜かなければなりません。

がっちり決まっている状態だと腕がきめられているだけで後袈裟固めは内臓が圧迫されて逃げれなくなってしまいます。まず、背中を押して腕を抜きに行きます。

腕を抜くときはただ抜くのではなくて相手の握っている手の方向を意識しながら抜きに行きます。同時にエビをしながら相手と密着している部分を離していくことが逃げ方としては効率的です。

2.腕を抜いたらすぐ逃げる

腕を抜いた後に一番早く抑え込みを解くならあしを絡みに行くのが一番早いです。しかし足を絡むと攻めることができないのとまた抑え込まれる危険がある相手に体の自由を奪われていない限りは絡まないようにしましょう。

また、腕を抜いた時に攻めにいけない状態の時はなるべく早く下を向くようにしましょう。相手はもともと後ろを向いているので腕が解けたらすぐに横四方などに移行してきます。




だから腕が解けた後の行動はなるべく早くするようにしましょう。そして相手の体が自分の体に多く乗っているようなら、反対側に返すのも有効です。

なるべく守るのではなくてどう攻めに行けるかを考えて柔道の寝技をすることが上達へのカギになります。

3.練習方法

この後袈裟固めは練習をしていないとなかなか逃げ方が理解できないと思います。二人組になって取りの人が抑えられて受けの人が後袈裟固めで抑え込みます。

この時のポイントとしましては、受けの人が8割くらいの力で抑え込むということです。完全に抑え込んでしまってはこれは逆に練習になりません。

そして取りの人が逃げます。慣れてきたらこれを乱取り形式でおこないます。

そうすることによって逃げからの攻めの練習にもなります。そしてこれがマスターできれば8割の力なら確実に逃げれるようになります。

ここで大切なことは実戦で抑え込まれたときに完全に抑え込まれないようにするということです。完全に抑え込まれてはどの技でも逃げるのは困難なのでしっかりと逃げれるように相手を制しましょう。

しっかりと逃げ方を練習すればできるようになるので柔道上達をめざして頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA