柔道の寝技において横四方固めとは袈裟固めと同じくらいメジャーでよく使われる技です。しかもこの横四方固めという技は袈裟固めよりも逃げるのが難しい技でもあるので逃げ方を身に着けておくことは柔道を上達していく上で必須です。

そこで今回は横四方固めの逃げ方を紹介しようと思います。

1.まずはブリッジ

横四方固めで抑えられたときはまずはブリッジをしてみてください。ブリッジを一回して見ると相手の抑え込みがどのくらいの強さか分かるはずです。

ブリッジをして相手の体が動いたらそのまま下を向いてもいいですし、そのまま返してもいいです。横四方固めは胸と頭が抑え込まれていることで逃げることのできなくなる技です。

だからまずは頭と胸をずらすようにしましょう。そして相手が一番いい状態でなくなったらエビをしたり足を絡みにいったりして逃げるようにしましょう。

2.相手を押す位置に気を付けよう

逃げるときに相手を押すと思いますが、ただやみくもに相手を押していても効果はあまり期待できません。相手との隙間を作りたい場合は相手の胸や首よりやや下のところを上に押さなければなりませんし、相手と離れたいときには相手の肩のあたりを斜めに押さなければなりません。




しかもこれらを足の動きと一緒に連動して行わなければなりません。柔道の寝技において足だけとか腕だけ使って逃げれる抑え込みはありません。

全身を使って時にはフェイントを混ぜながら逃げることが上達していくうえで必要になってきます。また、横四方固めで抑え込まれているときに腕を油断しているとそのまま関節技に入られて抑え込まれながら関節技で一本をとられてしまうようなことになってしまいます。

関節技にも気を使いながらも相手をどの方向に押したら逃げることができるかを良く判断して押し上げるようにしましょう。

3.反動を利用する

反動を利用した逃げ方もよく使われます。相手が深く乗りすぎたり、下の方を抑え込んでいたりしたときに、相手の方や反対の方に一回思いきりブリッジをして戻る勢いでより早く回転したりすることで逃げることができます。

また下の方を抑えられている場合だと一回上半身を起き上がった戻った瞬間に肩ブリッジをしたりして逃げることができます。どれもタイミングとスピードが大切になて来るのでしっかりと意識しましょう。

横四方固めの逃げ方が上達するにはやはり寝技乱取りをたくさんやるしかありません。しっかりと柔道上達ができるよう頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA