柔道の寝技において袖車絞めというものがあります。この技は相手が自分の柔道着をつかまないのといろいろな技と組み合わせて使ってくるのですごく逃げにくい技でもあります。

そこで今回はこの袖車絞めの逃げ方について紹介しようと思います。

1.スピードが命

この袖車絞めとは四つん這いの相手や腹這いの相手を回して掛ける技です。肩固めや縦四方固めに行くときの相手を回す動作によく似ているために判別が難しい技でもあります。

そして絞めに行きながら抑え込みにも行けるのがこの技の怖いところで絞められながら抑え込まれたらもう成すすべがありません。

四つん這いや腹這いの相手を横に回した後に相手の首に手を回してもう片方の手の袖口をつかみます。そしてつかんだら思いきり袖口で絞めながらもう片方の手は手刀のような形で後ろから相手の首を押します。

ダブルで攻撃してくるのがこの袖車絞めです。そして相手も自分も下半身は自由な状態になっています。

そこで、逃げられないためにも抑え込みに行くのです。

この袖車絞めの逃げ方としましてはまずは相手との距離をなくします。この技は袖をつかんでいる手を手前に引っ張って絞める技です。

そして引っ張るときは相手との間に隙間も必要となってきます。そこで相手の上に行くような感じで相手の方へ潜りに行きます。




そこから首と柔道着の間に手を入れ込むようにします。

2.相手と正対する

手を入れ込んだら隙間を作って顎を入れ込みますそして顎を入れ込んだら前に出ながら相手と正対しに行きます。相手と正対していて顎が入っていたらもう締まりません。

柔道の寝技で相手に背中を向けるとやられる一方になってしまいます。絞め技でも同じです。

絞めから逃げたら相手と正対するようにしましょう。そして回されないようにこらえるということも大切な逃げ方です。

逃げ方上達のためにはこれは必ず必要な要素です。この袖車絞めトいう技は回されればほぼ確実に決まる技ですし、ほかの抑え込みにも移行されてしまいます。

そして何よりも回されたら相手に完全に背中を向けることになってしまいます。相手にこんなにいい条件を与えてしまってはいけません。

相手が回そうとしてきたら、こらえたり相手の方に頭を向けて動いたりして回されないようにしましょう。この袖車絞めは掛けられた後より、掛けられる前に逃げた方が簡単な技です。

シッカリと寝技乱取りで逃げ方を体に覚えさせておきましょう。練習をすれば案外簡単に逃げれる技でもあるので柔道上達を目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA