柔道の絞め技で送り襟絞めという技がありますがこの技は色々な絞め技に変化出来る技でもあり、絞め技の基本でもあり応用でもありいろいろな形で絞めに入ることができます。

そこで今回はこの送り襟絞めの逃げ方を紹介しようと思います。

1.基本の動作

送り襟絞めの基本となる形は、相手が座っている状態の後ろにつき、まず後ろから相手の首に手を回して襟の奥を持ちます。そして反対の手を相手の脇の下からもう片方の襟を持ち下にまっすぐ下げます。

これで締まるのですが、この時の逃げ方は相手の首に回している腕を両手で持ち下におろして顎を入れ込み顔を相手の方に向けます。これが基本の逃げ方ですがこれが送り襟絞めをされたときのすべての逃げ方のベースになります。

2.かけられたときにどうするか

最初に説明した基本の送り襟絞めの形になることは実戦ではまずありえません。相手は自分が四つん這いになっている時や腹這いになっているときに攻めてくるのです。

例えば四つん這いになっているときは首に手を回し腰を落としながら前に走れば締まってしまいます。こういったときの逃げ方としてはまず首に手を入れさせないということです。

これからは手が入ってしまったときのことを説明します。




まず、相手にく首元に手が入ってしまったら最初に説明した腕をひくことをします。これは送り襟絞めをされたらどの体勢であってもやる必要があります。

そして相手の絞めを防いだら腹這いになって回されないようにしましょう。

腹這いになったら相手は膝のあたりを持ってきて畳に頭を付けに行って回して絞めようとしてきます。回されたら逃げることが出来ないので、回しに来ることが分かったら四つん這いになって片膝を立てて防ぎましょう。

そしてこれでも次は足を入れ込みながら回そうとしてきます。ここまでしてくるならその前に腕を自分の体ごと引っ張って回してしまった方がいいです。

しかし、それもできなかった場合は相手の正面に自分の頭が向くように動きます。泡行く場相手の足を持って後ろにつき返してもいいです。

相手の正面に頭が向いていたら絞められることはまずないので頭に入れておくとよいでしょう。
送り襟絞めは油断しているとどの体勢からも入られるというところが怖いところです。

しかし、初めに紹介した逃げ方をしっかり身につけておけば送り襟絞めは怖くないので練習しておきましょう。柔道の寝技でも本当によく使われる技なので完璧にしておきましょう。

しっかりと練習をして柔道上達を目指しましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA