柔道の寝技において突込み絞めという技があります。この突込み絞めという技は柔道の寝技において最もシンプルで掛けやすい技です。

それゆえに、素早くいろいろな体勢から入られてしまう危険のある技です。そこで今回はこの突込み絞めの逃げ方について紹介しようと思います。

1.寝技で油断しない

突込み絞めという技はとてもシンプルです。相手の襟を持ち、持った後に手をクロスさせて相手の頸動脈を柔道着で圧迫して絞める技です。

基本は相手の上に乗っているときに掛けます。自分が下から攻めてきて相手が上から絞めてきた場合の逃げ方はまず、自分の上に乗っている相手に体重を掛けさせないためにブリッジや足をつかって相手を上から落とします。

落とせなくても次のステップには素早く移行して下さ。そうしないと落とされてしまいます。

次に、相手のクロスしている手の上になっている方を出来れば両手で下から押し、隙間が出来たら素早く入れ込みます。手を入れ込んだら顎を入れ込めば完全に突込み絞めから守ることができます。

そして顎を入れ込んでから慌てずにしっかりと相手に攻撃をしていけばいいのです。




2.四つん這いでもかけられる

柔道の寝技において一番怖いことは予想がつかないことです、この突込み絞めは四つん這いや腹這いの相手を攻めている途中にも掛けることのできる技です。

技を掛けられている方からすれば、抑え込みに行く技を掛けられていたのにいつの間にか背mwに入られていて混乱してしまいます。たとえば相手が三角に入ってき横に倒れたけど回されずにこらえているときに突っ込み絞めをされる場合も多いです。

この突込み絞めはシンプルゆえにいろいろなところから攻められるので注意しましょう。しかしシンプルなので逃げるのも意外と簡単なので上達するにつれ掛かりにくくもなります。

手をクロスさせなければ締まらない技ですし、少しずらせば解ける技でもあるのでいきなりやられても混乱せずに一つ一つを確実に対処していくようにしましょう。

3.練習方法

この予測が出来ない突込み絞めの逃げ方の練習方法は簡単です。受けと取りをきめ受けの人はずっと受けで取りの人が攻め続けるというものです。

取りの人は色々な技で相手を返しながら、いきなり突込み絞めをするというものです。こうして急な相手の動きに対処できるように少しづつでも練習していきましょう。

突込み絞めは急にかけられるので対処はしにくいですが上達すれば逃げれる技でもあるので柔道上達目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA