柔道の関節技で腕挫三角固めという技があります。この技は三角締めによく似ており締めに行き損ねたときなどによく使われます。

また柔道が上達してくると締めと関節のどちらに行こうとしているのかを分かりにくくしますがこの技ももはやそれに近いです。

そこで今回はこの腕挫三角固めの逃げ方について紹介しようと思います。

1.上から攻めない

この腕挫三角固めという技は足で三角形を作り相手の頭を固めます。そのときに相手の片腕を一緒に足で固めます。

腕を固めたときに小指を上に向けるようにして腕を取って自分の腹を上に上げて肘を固めます。この時にしっかりと足で頭をきめておけば三角締めにも入れるので締めと関節を同時に攻めることができるのです。

また足をきめていれば相手が立って逃げようとしたときにほどけることなく余計に頸動脈を圧迫して一本を取ることができます。

このように掛けられるととても強力な技です。まずはされないことが基本です。

仰向けの相手に対しても相手の帯より下を先に攻めて足が決まってから上を攻めた方が引き付けられないですし腕挫三角固めにもはいられにくくなります。上半身が前に行っているとどうしても引き付けられやすくなりますし脚が近いのでそのままきめに来られることがあるからです。




そして四つん這いになっているときもなるべく相手の後ろに回って上につき返したりして攻めるようにした方がいいです。守りだけではどうしても上手い選手だど技に入ってきますし、攻撃は最大の防御というように攻めに行った方が技に入られにくいからです。

2.あわてない

柔道において締めと関節技が同時に入られることがよくありますがこの腕挫三角固めも同じです。三角締めの時と逃げ方はあまり変わりません。

まず、技に入られたらきめにいている足はどっちかや相手はどう力を入れているのかを見極めます。そして自分のきめられている方の手を横に開くようにして相手のきめている足を押して隙間を作ります。

その隙間に顎をねじ込んで、からだを曲げた方の腕の方向に少し回します。回したら膝を立てて相手のお尻の方につきます。

そして思いきり前に出て相手を押すようにして、両手で決めている方の脚を引っ張って逃げることができます。このように腕挫三角固めは逃げることができるので乱取りとかでしっかりと練習をしておきましょう。

また細かいところをしっかり意識すると逃げることができるので柔道上達を目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA