柔道の勝敗は組み手で決まるといっていいほど組み手はとても重要になってきます。襟と袖の掴み方を知らずにただ組んでいると簡単にやられてしまう原因になります。

そこで今回は襟と袖の掴み方について紹介しようと思います。

1.相四つかケンカ四つかを考える

柔道の組み手は相手が相四つかケンカ四つかで組み方を変える必要があります。相四つの相手には袖から取りに行きケンカ四つの相手には襟から取りに行く必要があります。

よくこれを間違えて相手に先にいいところを持たれたり最悪の場合、それだけで投げられてしまうこともあります。まず相四つの時に襟から持ちに行ったとします。

相手にとってはその襟をもちにきた手というのは引手なのでそのまま引いてしまえば自分の動きに持ってこれるわけです。ケンカ四つの場合に引手から持ちに行ってしまうと相四つの場合と同じことがおこるわけです。

そのほかにも腕を殺されてしまったり、奥を持たれてしまったりなどでメリットが非常に多くなってしまいます。また、襟と袖を同時に取りに行く人がいますがこの場合重心が上に上がてしまいますし前技に入られてそのまま投げられてしまう危険性があるので技をかける場合以外はやめましょう。




2.握り方で変わる

柔道の襟と袖の持ち方一つで力の伝わり方や試合運びが変わってきます。襟の持ち方から紹介します。基本は襟の床に学校名やチーム名が書いてある一番上のところに小指来るようにします。

そして小指に一番力を入れて人差し指までしっかりと握り親指を少し入れ込むようにして握るようにしましょう。よく親指を立てる人がいますがそれだと相手に下に力を入れられたときに釣り手が落ちやすくなってしまうので親指はしっかり使いましょう。

袖の場合はまず基本的に奥を持ちすぎないようにしましょう。肘から袖口までの間が一番力が伝わりやすいです。小指から握るようにして手首を返しながら持ちに行きます。

持った時に相手の腕の形がくっきりわかるように握れていたらしっかりと引手をつかめている証拠です。この手首を返すという動作をするだけで相手に切られにくくなる上に相手にうまく力を伝えられるようになります。

引手を取りに行くときも相手の襟を取って、相手が自分の釣り手を取ったら引手を取るようにするなどやり方次第で自分の思い通りの場所を思い通りにつかむことができます。

組み手は柔道上達に欠かせないのでしっかり練習しておきましょう。組み手次第で試合運びが全然変わってくるので柔道上達目指してがんばりましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA