柔道の足さばきで継ぎ足と歩み足というものがあります。横に移動するときや技をつなげるときに必ず必要となるのが継ぎ足の動きです。

そこで今回はこの継ぎ足紹介しようと思います。

1.足をそろえない

継ぎ足というのは足の裏を擦りながら、普通に歩くのではなく右組なら右足が左組なら左足が前に出ていると思うのですが、その前に出ている足の後ろにもう片方の足を寄せてまた足を前に出す動きのことです。

前後左右に打動くときも同じで、継ぎ足というのは決して足がクロスせずに進行方向の足が入れ替わることがありません。

この継ぎ足のメリットとしては相手にかけられたときに投げられにくいということと技に移行しやすいなど多くのメリットがあります。しかし、継ぎ足をするときに注意しなければならないこともあります。

それは足をそろえないということです。継ぎ足は足が入れ替わらないのでどうしても両足のかかとやつま先を付けにいきたくなりますがそうするととても危険です。

前後の動きでは体落としや大外刈りいで左右の動きでは足払いで簡単に投げられてしまいます。足がそろってしまっているときは一本の棒で身体を支えているようなものなので足の下の方を掛けられたり払われてしまったときに簡単に投げられてしまうので注意しましょう。




そうならないためにも、継ぎ足をするは膝にゆとりをもって、足と足の間に少し隙間が出来るように動き、相手がどんな技を仕掛けてきても対応できるようにしておきましょう。

2.移動の時は基本継ぎ足

柔道で前後に動くというのは技を掛けている時か相手を崩そうとしている時です。そのほかは横に移動することが多いと思います。

相手に押されてそれを避けるときも横移動ですし相手と距離を取るときも横移動が多いと思います。その時にも継ぎ足を使って横移動します。

横方向に動くときは基本的にすべて継ぎ足を使います。これは足払いで投げられることを避けるためのものです。

3.足の方向に気を付ける

大内刈や小内刈りまたは継ぎ足から前技に行くときに気を付けなければいけないのが足の方向です。足の方向次第で相手に伝わる力が全然違ってきます。

また、足の方向次第ではフェイントに使えることもあります。しかし一番意識しておかなければならないのが、相手に足を払われないようにすることです。

一番わかりやすいのが大内刈の時に足を横に向けて入る人です。この場合足を払われたりするとすぐに倒されてしまいます。

継ぎ足は柔道の本当に根本にあるような動きなのでしっかりと練習をして柔道上達目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA