柔道の練習のなかで交互打ち込みというものがあります。これは打ち込みの応用の練習ですぐに技を掛けるために行う練習です。

そこで今回はこの交互打ち込みについて紹介しようと思います。

1.当たりを強く

交互打ち込みとは基本的に二人組になり、お互いが同じ技を交互に掛け合います。大外刈りならお互い大外刈りを、背負い投げならお互いに背負い投げを掛け合います。

そして交互にやるということは間なく連続して行いますし、技もしっかりときめます。つまりは前技なら持ちあげて、後ろ技なら刈るところまでやって戻ったらすぐに受け取りを交代して撃ち込むというのをお互いに繰り返します。

交互打ち込みは、普通の打ち込みよりも少ないスペースから入る必要がありますし、バランスを崩した状態から入るので試合の時にすぐに技を掛けることができるようになってきます。また、交互打ち込みは受けと取りが素早く入れ替わるので攻めと守りの切り替えを早くすることができます。

交互打ち込みの一番の良いところは守りの練習と攻めの練習を同時に出来るところだと思います。

2.とっさの動きに備える

交互打ち込みも慣れてくるとそこまで難しくないので流す練習になってくるかもしれません。柔道の練習で流すということが一番よくないことです。




そこで入る技を指定するやり方も効果的です。二人組で交互打ち込みをしているときに不規則なタイミングで次は背負い投げ、何本か撃ち込んだ後に、次は大外刈り、次は払い腰といった等に指示を出していきます。

こうすることによってとっさの判断や自分が思っていたのと違った技に入られたときの守りが身に付きます。

3.慣れてきたら

慣れてきたらより難しい交互投げ込みという練習も行いましょう。やり方は交互打ち込みと同じですが毎回お互いに投げ合わなければなりません。

この練習では時間を予め決めておいてその中で投げる回数も決めておきます。その回数をこなせるように投げられた方はすぐに立ち上がらなければなりません。

この練習はかなりハードなので試合の後半で疲れているときもしっかりと投げに行く力を身に着けることができます。またお互いに投げ合ってくると頭が混乱してくる中でもしっかり投げることによって体に技を覚えさせることができます。

このように交互打ち込みと言っても、色々なやり方があり、それぞれに意味があるので一番今の自分にあったやり方をしましょう。

しっかり練習すればできるようになるので柔道上達目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA