柔道の背負落(せおいおとし)は背負投、または一本背負投の体勢から片膝もしくは両膝を畳について、そこを支点にして、引き落とすように投げる。一本背負いの形からの背負落は、内巻込とよく似ているが、引き落とすか首に巻きつけて投げるかの違いがある。

背負落のやり方とコツ

右自然体での基本を説明します。

取りは、受けの体を引き出し真前に崩し、右足を受けの右足の所に踏み込みます。両膝を曲げて腰を低く落とし、右足の先を支点にして左足を受けの左足内側に回し込んで体を回転させます。

右腕(釣り手)を受けの右脇の下に肘を差し込む様にし、左手(引き手)は、右腕の上にかぶせて引きつけ、受けの胸に背中を密着させて、背負投の形で背負います。

同時に取りは、右膝をつき、体を低く下げながら、右肩越しに、両手で真下に引き落として投げます。

背負落のコツは、技に入る足を普段使う背負い投げよりも半歩手前に踏み込む(浅く踏み込む)ことです。

半歩手前に踏み込むことにより、回転後の動作がスムーズになりやすく、また引き落とすときの力が入りやすくなるからです。

背負落の練習

柔道の背負落の練習は基本的には背負投とほぼ同じです。違う点は投げるときの形です。背負投は文字通り相手を背負って投げますが、背負落は相手を引き落として投げる形になります。




上達するためは釣り手と引き手の使い方を覚えることです。引き落とすためには引き手と釣り手がしっかりと使えなければ、相手に捌かれやすくなります。自分の重心が下がるため相手を引きつけなければ投げられません。

釣り手は相手の脇の下に肘を差し込む様にしますが、コツとしては相手の襟を持っている手の手首に巻きつける様にします。

握った拳の小指を見ようとすると自然に肘が内向きになり、肘を畳んだ状態でこの動作をすれば釣り手を巻き込みやすくなります。釣り手をしっかりと巻込めれば相手を引きつけ易くなります。

引き手は自分の帯のあたりに持ってくるようにすれば、相手の上半身をコントロールでき投げることができます。

背負落は技に入ったときに膝をつくので重心が低くなり、相手との距離が生じてしまいます。上達するには相手を密着させ距離を縮めることが大切です。

背負落の練習をするうえで注意することがあります。それは膝をつくので膝への負担が大きく未熟で不完全な状態で練習すると膝の怪我が危惧されます。こうした理由で中学生以下の膝をついての技は反則になっています。

それでも、柔道の上達には練習しなければいけないので、技が未完全の場合は投込み用のマットの使用をお勧めします。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA