どの競技においても同じことが言えますが、練習をしないと上達はしません。

特に、柔道は練習をすればするほど、上達します。

また、相手を投げたか相手になげられなかったなどと、勝敗が明確にでるので、柔道は上達したかどうか実感しやすいです。

現在、柔道は世界的に有名になり、世界中に競技者がいます。

その影響もあり、ルールが変わったり、世界中の国々から新しい技が作られたりするなど柔道は進化しています。

それに対応するには、技術も進化しています。

そこで今回は、柔道の立ち技練習の基本である打ち込みの連絡技打ち込みのやり方とこつについて説明します。

1. 連絡技打ち込みのやり方

連絡技打ち込みのやり方について説明します。

連絡技打ち込みは、名前の通り連絡技の打ち込みを行います。

連絡技は、2つ以上の技を連続で掛けることです。

小内刈りから内股の連絡技打ち込みを行う場合で説明をします。

通常の打ち込みと同じように小内刈りの打ち込みを行います。

相手がバランスを崩れたところにタイミングよく内股の打ち込みを行います。

また同じように打ち込みを行います。

小内刈りから内股に入る際、内股の打ち込みが早すぎたり、遅すぎたりするとうまく打ち込みを行うことができないので注意しましょう。

2. 連絡技打ち込みのこつ

連絡技打ち込みのこつは、連絡技打ち込みを行う技の種類を考えることと技と技を繋げる間のタイミングです。




連絡技打ち込みのこつとして、連絡技打ち込みを行う技の種類を考えることです。

連絡技打ち込みの練習をする利点として、実際に技を掛けた時のように打ち込みができることです。

実際の柔道をしている際、1回目の技で投げることはなかなかできません。

1回目の技が失敗して、2回目の技で投げれることがとても多いです。

例を挙げると、内股をかけて払い腰をかけても同じ方向に相手を投げる技の種類では、実際の柔道中、相手を投げにくいです。

なので、小内刈りで相手を後ろに投げる技を失敗した後に、相手を前に投げる内股のような、違う方向に相手を投げる技で連絡技を行うようにしましょう。

もう1つの連絡技打ち込みのこつは、技と技を繋げる間のタイミングです。

相手を投げるには、相手のバランスを崩さないといけません。

相手が後ろに崩れている途中に相手を前に投げる技では、相手のバランスが崩れているのを戻してしまいます。

なので、相手が後ろに崩れているのを相手自身がバランスを戻したときに、相手が前に崩れる技を掛けるイメージのタイミングで技を掛けましょう。

以上のことが連絡技打ち込みについてです。

連絡打ち込みの練習は、多くの選手に使われている技です。

実践に近い力で打ち込みができるからです。

なので、連絡技打ち込みを練習に取り入れて、技の威力の上達ができるのです。

連絡技打ち込みを使って、柔道の上達に繋げましょう。

頑張ってください。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA