柔道は、柔よく剛を制すなどと言われて、力で相手を投げるのではなく、技で投げるとも言われます。

これは、まったく力がなくとも、技を掛けられるというのは究極の状態で、よほどの達人ではないと、困難な事と思います。

一般の練習者が、技を有効に掛けるためには、必要最低限の力は必要ですし、その力を最大限有効に使いこなすことが、必要な事と思います。 

そのために、必要な筋肉トレーニングについて、記述しますが、今回は内股を意識して述べたいと思います。

有効な筋トレにより、柔道の技を使いこなす体を作り、柔道の上達を図ってください。

1.内股を強くする筋トレのメニューについて

柔道の内股のための筋トレと言っても、大きく二つに分けられると思います。

柔道の基礎になるパワーを付ける総合的な筋トレと、内股に特化した筋トレになると思います。

この二つの方法は、どちらが掛けても、効果が出ないと思いますので、両方説明していきたいと思います。

1)柔道の基礎力をつける筋トレについて

まず、柔道に必要なのは、強い足腰です。

相手を担ぎ上げて投げる場合でも、しっかりした足腰が出来ていないと、自分がつぶれてしまいますね。

また、相手の足技に耐えきるためにも、強い足腰が必要になります。

柔道の名人、達人と言われる人も、子供のころから、足腰が強くなるような家の仕事をしていて、強い柔道の出来る体を身に着けていたようです。

体の土台作りとしての足腰の筋トレは、やはり必須になります。




その筋トレとしては、走り込みは基本中の基本ですが、そのあとスクワットから片足スクワット等で筋力を付けましょう。

この時、気を付けなければいけないのは、足の裏、特に踵をべったり床に付けて、行うのが正しいスクワットと言われる方がいますが、柔道のためには、これはいけません。

柔道の技を掛けるには、瞬発力が必要になりますが、そのとき踵を床に付けていることはありません。

踵を付けて行うと、無駄な筋肉がついてしまい、動きが遅くなることがあります。

実際に技に役に立てる筋力を付ける為の筋トレは、つま先側に力がかかる様に行う事です。

ただ、いきなりやると、膝や腰を壊しますから、軽いものから徐々にレベルを上げるようにしてください。

あと、上半身の筋力を鍛えるために、ベンチプレス、腹筋、背筋を鍛えていきましょう。

2)内股に有効に筋トレについて

これは、1)の総合的な筋トレも必要ですが、特に内股を意識した筋トレについてお話しします。

しっかりした下半身を作るのは、当然ですが、内股がかかるためには、相手の体を思い切り引き付ける力も必要になります。

自分と、相手の体が離れていると、技が掛かりにくくなり、逆に返されたりします。

そこで、有効と言われているのが、自転車です。

自転車を思い切り漕ぐことで、脚力も鍛えられますが、広背筋も鍛えられます。

強い下半身と、強い上半身の聞く力を身に着けると、内股は大幅に上達するでしょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA