柔道の軽量級の選手に必要なものは、スピード、パワー、スタミナ、技術と言われています。

これを身に付けるためには、筋トレもその方法の一つと思われます。

筋トレも、やり方を間違えると、力はあるがスピードが落ちてしまい、技が掛からなくなると言われます。

一方で、筋力がないと、ここ一番で力負けをしてしまい、相手に技を掛けられてしまう事もあるでしょう。

軽量級の選手の理想は、技の技術は高く、より強い筋力を持っているが、それを技のスピードにも生かせ能力があるという事でしょうか。

そうすれば、自分よりも体重の重いクラスの選手とも競り負けず、同階級では、かなり優勢に戦えるようになるでしょう。

軽量級の選手は、頭を使って、賢いトレーニングに、効率の良い筋トレを入れて、柔道の上達を図りましょう。

1.軽量級の選手向けの筋トレメニューについて

それでは、柔道の軽量級の選手に向けた筋トレメニューについて紹介していきたいと思います。

1)柔道の筋トレメニューについて

柔道の筋トレというと、一般的には器具を使ったウェートトレーニングがありますね。

との程度の頻度で行えばというと、オリンピッククラスの選手でも、一週間に、一回程度と言われています。

部位を絞って、下半身強化とすれば、スクワット等を集中的に行う事が考えられますね。




ただ、強化したい部位が複数ある場合は、バーベル等の上半身メニューを週一と下半身メニューを週一と、週二回に行うこともあります。

柔道の総合的筋力をつけるトレーニングとしては、バトルロープといって、太くて重いロープを波打つように振る筋トレも、注目されていますね。

ただ、パワー付ける打ではなく、スピードも伴うような筋トレメニューを意識して実行しましょう。

2)軽量級選手に特化したメニューとは

 
まず、間違いなく効果的なのは、柔道の技を繰り返し掛けることです。

当然、技のための筋肉はつきますし、どう筋肉を使えば、技が掛かりやすいか実感できますね。

その技を飛躍的に進化させるには、必要な部位の筋力強化を行って、技を進化させる必要があります。

ただ、筋肉を付けるための筋トレをするよりも、頭を使って、技を活かすための筋トレを意識した方が、いい結果につながると思われます。

具体的には、腕立ても、通常の物だけではなく、腕を広げた腕立てに変えただけでも、別の筋力へ効果が出て、上半身強化にもつながります。

バランスボールやメディシンボールで腹筋、背筋、腕の筋力とバランス感覚を鍛えられます。

後は、体育館にぶら下がっているロープを上ると握力や肺筋力強化にもつながります。

これらの筋トレを定期的に取り入れていけば、ある時自分の技の切れやスピードが格段に上がって、自分の柔道が上達していることが感じられると思います。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA