一本背負いは、柔道の代表的な技で、同じ動きの背負い投げの変形です。

よく柔道を描いた映画やドラマでダイナミックに相手を投げる技として紹介されることも多いですね。

実際に試合でも、たびたび見かけられ、極まると気持ちの良い技ですね。

柔道には、技の体系として、「手技」、「腰技」、「足技」、「真捨身技」、「横捨身技」、「抑込技」、「絞技」、「関節技」といった技があります。

この中で一本背負いは、「手技」の中に含まれます。

どうしたら、合理的な練習で一本背負いの上達をはかれるでしょうか。

1.一本背負いのかけ方

それでは一本背負いの正しい掛け方をお話しします。

説明を正確にするため、相手との組み方は、右組で相四つの基本形で説明します。

柔道の初心者のために、組み方の基本を説明しますと、右組とは右利きの選手が利き手(右手:釣り手)で相手の襟、反対の手(左手:引手)で袖をつかむ事です。

また、相四つとは右組と右組、左組と左組が組むことです。

技のかけ方ですが、引手(左手)は相手の肘の下をつかみ、斜め上に引き上げ、前回りさばきで相手の懐に踏み込みます。

密着することが必要ですが、そこから体を沈め、釣り手(右手)で相手の上腕を挟み込み固定しておいて、相手を背中に担ぎ上げ、引手を引き込んで投げるようにします。

これが、一本背負いの基本的な投げ方になります。

1)一本背負いの上達のコツ

基本的な掛け方がわかったら、うまく掛けられるような練習のコツをお話しします。

一本背負いは、背負い投げの変形ですから、まず正確に背負い投げが投げられるように練習することが第一歩です。

それで、技のかけ方が理解できたら、一本背負いに移ります。

まず上半身の使い方ですが、背負うときに釣り手(右手)で相手の引手を固定することが大事です。




よく試合で、背負いを掛けようとしたとき、肩から相手の手が外れて、技が決まらないのを見ることがあります。

それは、この引手の固定が出来ていないことが原因でしょう。

この引手固定が出来ていないと、相手を背中で密着させられず、担ぎ上げられなくなります。

そのためには、相手の上腕部を自分の肘の内側で挟み込み肩口をつかむか相手の脇の下のところを挟み込み肩口をつかめば、相手の腕を固定でき、技がかかりやすくなります。

その時同時に、引手を自分の前にひきつけ、相手の釣り手を伸びきらせれば、相手は逃げられません。

下半身は、相手の体重がかかりますから、しっかりと踏ん張れる体勢が必要になります。

肩幅に両足を開き、膝を少しまげて踏ん張れるようにします。

また、投げる瞬間は素早い回転が必要になりますから、右足の位置に左足が来るように回転する足の運びを繰り返し練習しましょう。

練習法としては、相手に協力してもらい、背中に負ぶって膝を屈伸させると、担ぎ上げの感覚がつかめます。

次に、組み合った状態から、相手の懐に入って相手を担ぎ上げるまで、繰り返し練習しましょう。

これで、技の入り方のタイミングがつかめます。

一本背負いの上達のためには、全ての柔道技にも共通する崩しを使えるようにしましょう。

相手が一本背負いを警戒していて、がっちり構えていると、簡単にはかからなくなります。

体格が大きく違ったり、力の差が大きい場合は、強引にいってもかかるかもしれませんが、そうでなければ工夫がいります。

他の技を掛けながら、相手の体勢を崩し、その瞬間を狙って、一本背負いがかかる様な、入りの工夫も有効だと思われます。

これらの技術をものにする合理的な練習を繰り返して、一本背負いを上達させてください。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA