柔道が強くなるためにの要素の一つに、スタミナがあります。

試合時間に十分動けるスタミナが無ければ、試合途中で技が出せなくなり、あっさり負けてしまう事でしょう。

スタミナが切れると、息が上がってしまい、集中力も切れてしまうので、相手の攻撃の対応も遅れてしまい、力の出せなくなってしまいます。

柔道の試合時間は、シニアは男子5分、女子4分、ジュニア(20歳未満)は4分となっています。

最低でも、この時間の試合ができるスタミナを付けていないと、試合には出れませんね。

しかし、試合というのは、いろいろな精神的なプレッシャーもあり、普段の練習よりも疲れを感じることも多いです。

しかも、大会だと勝ち続ければ、何試合もしなければならず、相当のスタミナを付けておかなければなりませんね。 

柔道の試合で使いこなせるだけのスタミナを身に付けられれば、これも、柔道が上達したと言えますね。

1.柔道のスタミナの付け方

柔道の試合で勝ちつづれられるようなスタミナだと、相当のトレーニングが必要になると思います。

そこで、効果的なスタミナ付けの方法をお話しします。

1)ランニングによるスタミナ付け

やはり、一番効果的なのは、どんなスポーツにおいても、ランニングが基本になるでしょう。

最初は、苦しくて長い距離を走れなくても、毎日続けていると、徐々に距離を伸ばすことが出来ます。

一回で30分ほど走れるようになったら、毎日それを続けましょう。




足腰が確実に強くなりますし、腕も振って走れば、筋肉が張ってきます。

慣れてきたら、スピードを変えたりして、変化を付けるのも良いことです。

また、それ以外に、短距離のダッシュを繰り返すのも有効です。

相手と組んだ時、技を掛ける速さや、瞬間的に力を発するのに役に立ちます。

ランニングをうまく使って、スタミナがつけば、柔道にも自信がつきますよ。

2)乱取りの数をこなす

試合で使われる体力は、試合形式で練習するのが効果的と思われます。

試合時間で、続けて何人も相手をすることで、試合を意識したスタミナ配分とか、スタミナが切れたときの対処法とか、実践的な事を学べますね。

たまには、試合時間よりも長い時間を設定して、乱取りを経験しておくと、試合時間が短く感じられそうです。

相手に攻撃だけさせて、防ぎきるとか、一定時間自分が休まず攻め続けるといった変化を付けるのも、いいかと思います。

自分の現在のスタミナがどれだけか、知っておけば試合のペース配分も図れるようになります。

スタミナを付ける基本的な事は、一定時間、毎日トレーニングを続けることです。

それが、楽に感じるようになったら、すこし内容を増やしていきます。

一定期間続けると、いつの間にか、自分のスタミナが大分付いてきていることに気づきます。

技、スピード、パワーにスタミナが付けば、自分の柔道が上達していて、怖いものなしですね。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA