柔道の練習の中に二人打ち込みというものがあります。いってしまえば普通の打ち込みなのですが二人でするのでわかりやすく二人打ち込みです。

柔道の基本中の基本である二人打ち込みついて今回は紹介していこうと思います。

1.相手を選ぶ

打ち込みは柔道の基本です。打ち込みがしっかりできていないと技は上達しません。

また柔道は受けになっている方が上手なほど、取りの人が早く上達するので、受けが上手い人を見つけて、受けがへたくそな人とはなるべく打ち込みや投げ込みはやらないようにしましょう。

そして、初めは自分と同じくらいの体格の人とやるようにしましょう。そして慣れてきたら自分の苦手な体格の人とやるようにするといいと思います。

2.基本のやり方

打ち込みおいてまず肝心になってくるのは組み手です。よく受けの人が引手を持たない場合をよく見かけます。

しかしこれでは意味がありません。試合ではそんな風にして組み合わないからです。

しっかりとお互いが自分の組み手を持ったところから始めましょう。まず引手は袖口から肘の間でしっかりと絞るようにして持ちます。

相手の腕の形がしっかり出るくらいに絞り込みましょう。釣り手は低くなりすぎない場所で自分が釣りやすい位置で持つようにしましょう。




そして前技の場合はしっかりと引き出して相手が前に歩いてくるくらいに引き出すようにしましょう。そして打ち込みをしたときは自分の目線のよりやや上に目印をつけてそこを見るようにして行うのは前技には共通して言えることです。

そして十本目には必ず持ち上げるようにしましょう。一本一本投げるつもりで行うようにすればかなり効果的です。

後ろ技を掛けときは投げる方向を必ず見るようにして打ち込みをするようにします。畳二枚分先位をみるようにするといい姿勢で技に入ることができます。

引手と釣り手の力の入れ方をしっかりと考えて、相手が下がっていくくらいにしっかりとあたりに行くようにして打ち込みをしましょう。また、相手に少し力を入れてもらって打ち込みをするとより引き出しの力も付きますし、実際の試合では相手はこらえているので、試合に必要な力を付けることができます。

打ち込みはおろそかにしてしまっては技が完全に身につかないですし、ただ打ち込みをしていても意味がないので、同じ打ち込みならしっかり意識してやった方が強くなるので、細かいところまでしっかりと意識をして柔道上達を目指して頑張りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA