どのスポーツでも準備体操が必要です。特に、柔道は、相手を投げたり、相手に投げられたりと激しいため、準備体操は欠かません。

そこで今回は、後ろ受け身のやり方と効果について説明します。

1.柔道における後ろ受け身の効果

まず、柔道における後ろ受け身の効果について説明します。

効果として、怪我を防ぐための体の使い方を身につけることができます。

先ほども言った通りに柔道は激しい競技です。

相手を投げたり、相手に投げられたりします。

そのため、柔道が上達する、しない以前に怪我をしてしまっては、柔道をすることができません。

そこで、柔道における準備体操で後ろ受け身をすることにより、自分自身の体重移動の感覚を覚え、投げられたときに衝撃を和らげることで怪我を防ぐことができます。

受け身は柔道の基本中の基本になります。

ほとんどの柔道の指導者は、柔道を始める方に、最初に受け身を教えると思います。

それほど、重要な準備体操です。

そのため、準備体操で後ろ受け身を行い、体重移動の感覚を身につけ、柔道の上達に繋げることができます。

2.柔道における後ろ受け身のやり方

次に、柔道における後ろ受け身のやり方について説明します。

床に座り、両足を伸ばします。

そのまま、おへそを見ながら後ろに倒れていきます。

その時、上半身が倒れると共に両足もあげます。




背中が床につくタイミングに両手の手のひらで、床を叩きます。

この時、指先を伸ばして、両腕は、ハの字のようにします。

また、頭は床にうたないようにします。

3.柔道における後ろ受け身のポイント

柔道における後ろ受け身のポイントはおへそをみて頭を床に打たないことと両手で床をしっかりと叩くことです。

後ろ受け身をしている最中、常におへそをみることで、頭を床に打たないように防ぎます。

人体で頭は一番大切なとこでもあるので、しっかりとおへそを見ましょう。

また、全ての受け身にいえることですが、受け身は、腕で床を叩くことが重要だと思います。

受け身は、体を守るために作られたものです。

そのため、腕で床を叩くことにより、その反動で衝撃を和らげ、怪我を防止します。

なので、しっかりと腕で床を叩くように体に覚えさせましょう。

実際の柔道の練習では、後ろ受け身が慣れてきたら、最初、立った状態から始めるようにします。

座っている状態よりも、衝撃が強いので、しっかりと腕で床を叩いて、衝撃を和らげないといけません。

また、立った状態で誰かに押してもらったり、自分で少し飛び跳ねたりして、強い衝撃を与えた状態で後ろ受け身をすることもあります。

何回も言いますが、受け身は、柔道の基本です。

後ろ受け身を覚えて柔道の上達に繋げましょう。

頑張ってください。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA