柔道の内股は、練習や試合等でも多用されるため、それに対する返し技も多く存在します。

返し技には、内股すかし、内股返し、掬投等、いろいろな技が存在します。

内股透かしなどは、大変高度な技ですが、オリンピック選手などにも得意な選手もおり、使いこなすとかなりの上級者という事になります。

逆に、内股の返し技は、内股の掛け方次第で防ぐことも出来ますが、これは技の上達を図る事にもなり、柔道の奥深さを垣間見られることにもなりますね。

1.内股の返し技の使い方

ここでは、内股の返し技の代表的なものを紹介していきましょう。

どんな返し技があるか、理解することで、その対策を考えて内股を掛けるようになれれば、内股自体のレベルも挙げることが出来ますね。

1)内股すかし

喧嘩四つに組んだ相手が、内股を掛けてきた時を想定して、説明します。

喧嘩四つで、組負けてしまったと思ったとき、釣り手を相手の方襟の高い部分をとっておきます。

相手が内股を掛けてくると思われたとき、相手の膝裏を自分の膝裏で引っ掛けるようにします。

足を絡めると、相手はケンケン内股を狙って足を跳ねてきます。

この場合、左足を引くようにして、ケンケンで後方に回ります。

タイミングを見て、上半身で背負い投げで投げるイメージで、引手と襟を引いて、相手を回し投げます。




注意点は、内また透かしは、はじめから狙って投げるのではなく、組負けたと思ったとき、瞬時に判断して投げる様にしましょう。

一瞬のタイミングで、極まる高度な技のため、何度も練習して、コツを身に着けるようにしましょう。

失敗すると、そのまま内股で投げられかねません。

2)内股返し

こちらも、内股の代表的な返し技の一つですね。

内股返しは、内股を仕掛けられたときに、逆に相手の足を刈って倒す技てです。

掛けるタイミングは、相手が内股を掛けようと、片足になったときがチャンスです。

相手が、こちらの重心を前に十分崩さないまま内股を掛けてきたとき、こちらは足を踏ん張り、釣り手と引手を効かせて、後ろ脚に体重を掛けることで、相手の体重も後ろに崩します。

この時を狙って、相手の後ろから軸足を刈って背中から落とします。

体のバランスが良く、手足の長い選手が得意とします。

内股透かしとの違いは、内股透かしは、相手に技をかけさせて返すのに対し、内股返しは、相手が内股に来る寸前に掛ける技です。

このように、返し技も掛けるタイミングや、体制や、試合の流れ等で有効なものが決まってきますから、試合の中でノウハウをためて、練習で自分の物にするしかありませんね。

是非とも、柔道の上達の道を歩んでください。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA