柔道において技を返すということは必須ですし一本背負いを返すことができればかなり有利に試合を運ぶことができます。しかし相手も必死ですし簡単に返すことは出来ません。

ではどうすれば確実に返せる返し方が身につくののでしょうか。

1.基本のやり方

まずは相手に入られないようにするやり方を紹介します。それは相手の背中を押すというやり方です。

一本背負いの返し方は、返すというより寝技に持っていくといったイメージでやった方がいいと思います。まずそれには相手の背中に絶対にのらないということと腕を絶対にもっていかれないということを頭に入れておく必要があります。

なぜかというと背中に乗ってしまうのはもちろんですけど一本背負いの場合腕だけでも投げられてしまう可能性があるからです。そこでまず一本背負いに入られたらまず腕を持っていかれないように肘を曲げて切るようにします。

次に相手の背中に乗らないように胸を張って腰を突き出します。そこで一番重要になってくるのは、片足を引いて半身になるということです。

柔道で半身の相手を投げるのは難しいということを利用します。つまり投げられないようにするには半身になればいいのです。




ここで腕も切れず半身になっても相手が一本背負いを掛け続けてきたときはもう片方の腕で相手の背中を押します。この時に足を引きながら背中を押すとより効果的です。

これをすることによって相手は確実につぶれるか組み手が切れて相手と離れることができます。離れたらもう一度組み手をすればいいですし、潰れたらこちらの思うつぼです。

相手は四つん這いか腹這いになっていますから寝技で確実に仕留めるようにしましょう。

2.練習方法

まずこれを出来るようになるためには二人組になって片方は一本背負いを掛ける役、受けは切る役に分かれてそれぞれ練習します。この練習で重要なことは取の方が投げるつもりで掛けるということです。

この練習は形を重視するわけではありません。いかに切れるかを練習するためのものです。思い切りやる方がお互いの練習になるので頑張りましょう。

そして次にするのは立ち技から寝技の練習です。柔道においてこれができなければ上達はあり得ません。

寝技もありの乱取りや約束稽古などをしてスムーズに寝技に行けるようにしましょう。一本背負いは返し方がとても難しい技ですが、柔道で一本背負いを掛けない選手はほとんどいません。

これを攻略しておくことが上達のカギになってくるのでしっかりと練習しいておきましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA