柔道の崩袈裟固(くずれけさがため)は、正式な袈裟固以外のものの袈裟固の変化技で、様々なタイプがあります。

崩袈裟固のやり方

柔道の崩袈裟固は、袈裟固の変化技で、相手が袈裟固から逃れるときに変化する場合や、袈裟固で抑え込むときに、相手の首に腕を回せずに不十分のときに対応して抑え込む場合に使います。

片方の腕で相手の腕を挟み込みロックして、もう片方の腕を相手の首に回し袈裟固で抑え込みたいが、首に腕を回せない場合、相手の脇の下に差し込んで、相手の頭に近い方の足を前に伸ばし、もう片方の足の膝を立ててバランスを保ち抑え込みます。

他には、後袈裟固ともいわれる方法があり、相手の顔ではなく足の方を向いた体勢で、相手の腕を脇に挟んでロックし、もう片方の手で相手の下ばきを掴んで抑えます。

足は相手の足の方を伸ばし頭の方の足は、膝を立てるか、大きく開いてバランスをとり相手を抑え込みます。

崩袈裟固のコツ

柔道の崩袈裟固のコツは相手の腕をしっかりと挟み込み、挟み込んでいる方の腕と肩を固めて、相手の動きを制します。

抑え込みは両肩と首の3か所の自由を奪い、動きを制することで、抑え込みやすくなります。崩袈裟固では、片方の腕を挟み込み相手の動きに合わせて変化しながら、抑え込むことができます。




崩袈裟固の練習

柔道の崩袈裟固が上達する練習メニューは、腰きりという基礎練習をしていきましょう。崩袈裟固だけでなく、寝技では足を使ってバランスを保つことが大切になります。

腰きりのやり方は、腕立て伏せのように両腕を伸ばした状態で畳に手をつき、胸が畳に対して常に向き合う姿勢にし、足を出来るだけ遠くにのばし袈裟固をしているようにします。

のばした足を支点にもう片方の足をクロスさせて反対側にのばし腰を切ります。これを連続で繰り返し練習します。

腰きりの練習をすることで、抑え込むときに相手が足を絡めてくるのを抜くときや、抑え込んでいるときに変化するのに役立ちます。

次に崩袈裟固が上達する練習メニューは、相手が仰向けで寝ている状態で片方の腕をとり脇に挟み込んだところから、相手が逃げるのを制しながら抑え込む練習をしていきましょう。

片腕だけをとり脇に挟み込んだだけでは不十分な状態ですが、崩袈裟固をきめるために相手が逃げる動きに合わせて抑え込む練習をしていくことで、より実践的に抑え込みの練習ができるので、練習メニューに取り入れることをおすすめします。

寝技は、立ち技よりの上達が早く実感でき、また、一本で投げられなかったときに抑え込むことで一本勝ちをとれるので基礎練習からしっかりと練習しましょう。

また、崩袈裟固は状況に応じて変化しながら抑え込むことのできる技でバリエーションが豊富な技ですので習得するとよいでしょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA