柔道の送襟絞は、絞技の基本といわれ、絞技を習うときに1番最初に教わることが多い技です。

実際の柔道でも、送襟絞は、よく使われる実戦的な技です。

送り襟絞めのやり方とコツは、文字通り襟を送るように手を使うことです。

1.襟を送る

右手を使って相手を送り襟絞で絞める場合、まず相手の背後につきます。

胴体を両脚ではさむようにからみます。

そして左手で相手の脇の下から入れて、相手の首付近の左襟を持ち、これを下に引いてピンッと引き伸ばします。

伸びた左襟を、右手で、手首が相手の経動脈に当たるように相手の横襟を握ります。

そして左手を相手の右襟に持ち替えます。

右手の手首を返して相手の頸動脈を圧迫し、左手も同じように手首を返して相手を下に引き下げ、左右同時に手首を返して相手を絞めます。

右手だけで絞めようとせずに、左手も下に引っ張って、相手を絞めます。

送襟絞の襟を送るとは、この左手で襟を下に送る動作を指しています。

柔道では、絞技に限らず、手首を返す動作が、非常に多用されます。

立技でも、組んでいるときに相手が技に入ろうとしたら、クッと引き手や釣り手の手首を返すだけで、跳ね返しことができます。

引き手を引く動作や釣り手を釣る動作も、常に手首を返して行うことで、その動きの効果を強力に推進することができます。

手首の返し方は、柔道の上達のキーワードの1つです。

普段の練習メニューから意識して取り組んでみましょう。

2.送襟絞の練習法

送襟絞を上達するための練習メニューの1つとして、相手に座って防御姿勢をとってもらい、それを後方から送襟絞で絞める練習します。




相手に両腕と両手をクロスして脇と首を防御します。

攻める側は足を相手の胴に回し、足首を組み、相手の両襟を握って、送襟絞を入る手前の姿勢をつくります。

合図とともに、相手は防御して逃げて、こちらは相手の体を足で引き伸ばし、送襟絞を決めようとします。

相手が逃げ切るまで、あるいは相手が「マイッタ」をするまで行います。

相手は、すぐに「マイッタ」するとお互いに練習になりませんが、もし絞技が決まったと思ったら、我慢せずに「マイッタ」をしましょう。

3.四つんばいの相手を攻める

四つんばいの相手を、またいで背後をとって、相手の後ろ帯を両手で握り、引っこ抜くように真上に引き上げます。

帯を引かれて浮き、甘くなった下腹部に両足をしっかり差し入れ、両手も相手の脇の下から差し込み、右手は相手の右襟、左手は相手の左襟を握ります。

両襟を握った両手を引いて開かせ、そのまま横に回転し、仰向けになった相手の下から送襟絞に攻めます。

絞められまいと相手が足を蹴って上に上がってこようとしたら、自分の足を使ってそれを下げて阻止します。

この練習でも、攻める側は攻めを、守る側は守りを一生懸命練習し、柔道を上達し強くなりるように頑張りましょう。

4.送襟絞からの逃れ方

まず両手で絞めている腕の肘を握って引き落とし、首へのプレッシャーを下げます。

そして両足でブリッジをして、相手に体重をかけながら、上へ上へ自分の体をもっていき、さらに絞めのプレッシャーを軽減します。

さらに相手の腕を引いて、首との間に隙間をつくりながら、首を回してアゴを相手の肘にもっていき、相手の腕を両腕で押し上げて送襟絞から逃れます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA