柔道の逆十字絞めは、絞め技の一つである。

柔道の絞め技とは、相手の頸動脈等を圧迫し、脳への血液の循環をとめて、気絶させます。

格闘技全般でいえば、喉頭突起を押し込んで、気管をふさいで窒息させたり、口や鼻をふさいで窒息させるような絞め技もあります。

柔道で絞め落とした場合は、すぐに絞めを解いて解放すれば、血液がすぐに流れて復活するので、問題はないが、長く締めすぎると死に至る場合もある危険な技です。

もし、絞め技で落ちて、すぐに回復しない時は次の事を試みましょう。

①脱力しているか確認する。

②仰向けにする。

③柔道着を緩める。

④足首を持ち上げる。

大抵は、これで蘇生しますが、そうならない場合は、早急に救急車の手配をしましょう。

蘇生に時間がかかると脳に酸素が行かなくなり、脳に障害の残る恐れもあります。

最近、充実の先生が生徒のいじめを起こり、絞め落とした事件が報道されましたが、大変危険な行為なので、安易に使用しないようにしましょう。

十字絞めには、並十字絞め、逆十字絞め、片十字絞めの3種類があり、襟の持ち方に違いがあります。 

絞め技は大変高度な技で、しっかり習得しないと、相手に攻撃の機会を与えたり、事故につながり、上達は望めません。

1.逆十字絞めの掛け方とコツについて

ここでは、逆十字絞めの掛け方と、そのコツについてお話しします。




1)逆十字絞めの掛け方について

素人の人が、安易に使うと重大な事故になりかねませんので注意しましょう。

まず、相手は仰向けに状態で、自分は相手に覆いかぶさる様な体勢を取ります。

まず、襟の掴み方ですが、両手の手のひらが上になる様にします。

両手とも、4本の指を両横襟内側に深く差し入れてしっかりと握り、両手親指の外側部が、相手の左右頸動脈に当たるようにします。

後は、両手でしっかりと絞めるようにします。

ここでは、上から馬乗り状態での掛け方を説明しましたが、逆十字絞めには下から占める場合もあり、どちらもしっかり襟を握って締め上げます。

2)逆十字絞めのコツについて

絞める場合、相手は当然逃げるように動きますから、相手を十分引き付けて、両足を使って、相手の自由を奪うようにしましょう。

もし、相手がこちらの両肘を押し上げて逃れようとしてきたら、自分の両手首を引き付けながら肘を曲げ、上体を前に倒して、防ぐ方法があります。

絞めめ技は、技が決まるまで、相手の抵抗にあい、逃げられることもありますから、しっかり対策をとって、相手の自由を奪い、技を極めましょう。

試合で、倒れこんでも、寝技の技術があれば試合を極められるので、柔道の上達のためにもしっかり練習しましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA