柔道の腕挫脚固(うでひしぎあしがため)とは、相手の腕に自分の両足を絡めて、相手の肘関節を決める技です。相手がうつ伏せの状態の時でもかけることのできる関節技です。

腕挫脚固のやり方

柔道の腕挫脚固は相手がうつ伏せの状態で寝技の守りの時に効果的に繰り出せる技です。相手の片腕をとり、自分の片足を巻きつける様にして、そのまま相手の体の上に覆い被さるようになります。

この時に相手の腕に絡ませた足ともう片方の足で4の字のように組みます。相手の肘の辺りを挟み込み自分の体を反らせるようにして、相手の肘関節を逆に反らせます。

腕挫脚固のコツ

柔道の腕挫脚固のコツは足を絡ませた時に相手に覆い被さりますが、この時の位置が重要になります。位置のポイントとしては相手の上腕の肘よりにお腹が当たる位置が良いです。

固技はどの技にも共通したコツとしてテコの原理をイメージして技をかけることが大事です。腕挫脚固の場合は、相手の肘が支点になり、自分の足が力点になります。覆い被さっている体が作用点にあたります。

また作用点にあたる上体が動いていたりすると支点へ力が分散されてしまうので相手をしっかり押さえ固定することも重要になります。

腕挫脚固の練習

腕挫脚固の上達する練習メニューは足を絡める基本練習を行っていきましょう。腕挫脚固の足の絡め方は、寝技において守りの場合や三角締めにも応用して使うことができます。




足を絡めるやり方としては、内太腿で挟みこみ、片足を曲げて足首をもう片方の足の膝裏に合わせて4の字をつくり、足を絡めます。

足を絡める為の足の使い方の基本練習として、仰向けに寝て足を上にあげます。足を上にあげたら右足を曲げて左足の膝裏に右足の足首をあてて4の字をつくり左足を曲げる反動でそのまま起き上がります。

起き上がったときに膝立ちの状態になり足を絡ませた形を作ります。また寝ころび今度は反対の足で行います。左右交互に行うことで足の絡め方を練習していきます。

寝技の上達には左右を同じように出来ることで様々な状況において対応できるので、基本練習をする時には出来るだけ左右同時に練習していくと良いです。

次に腕挫脚固の上達する練習メニューとして関節の取り方を練習します。足の絡め方ができていれば腕挫脚固の70%ができています。

コツでも述べたように覆い被さった時の位置で関節が決まるかどうかになります。上半身を使い相手を固定させます。相手の両肩を抑え込むことで固定できます。両肩を抑え込み固定する事で関節が決まりやすくなります。

足を絡めたときに、相手の肘が上を向くように挟み込みます。自分の曲げている足を使い相手の腕を調整します。膝を内側に入れる事や外側に開く事で調整が出来ます。

腕挫脚固は寝技のいろいろなバリエーションから転じて出来る技です。多くの場合は相手が亀やうつ伏せの状態で守っている時に有効的ですが、上達してくると、抑え込みながら同時に腕挫脚固をかけることもできます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA