柔道の浮固は、位置づけが難しい技である。

講道館柔道の技には正式に認められていません。

グレーシー柔術や総合格闘技で使われ、IJF柔道(国際規定IFJルール)では認められているため、国際試合では認められる技となります。

柔道が国際化していく過程の中で、講道館とは違ったルールが採用され、スポーツ化の側面を持ちながら、展開された行った証の一つでしょう。

グレーシー柔術も日本の柔道家がブラジルに根付かせたもので、柔道やその源流になっている柔術の技も教えたため、独自の格闘技として進化したもののと思われます。

そこで使われる技が、本家の柔道の国際試合で認められるというのは、大きな時間の中での柔道の進化ともいえるのでしょうか。

話は大きくなりましたが、浮固は、十字固を掛けようとした時、相手が腕を引き絞って抵抗して、掛かりずらくなったときに使用します。

無理やり、十字固めにこだわると、「待て」がかかってしまい、技を中断することになります。

そこで、速やかに浮固に移行して、すると極めることが出来ます。

講道館柔道でも、初期のころには存在したようですが、正式技から外れたものが、ブラジルで進化していたという事のようですね。

歴史を感じる話ですが、この技も覚えておくと、固技の幅が広がり、上達につながると思います。 




1.浮固の掛け方とコツについて

ここでは、浮固の掛け方と、そのコツについてお話ししましょう。

1)浮固の掛け方について

一般的な右技で説明します。

自分は相手の右側に位置し、左腕と胸で相手の右腕を抱えて挟み込みます。

左足を伸ばすように相手の首をまたぎ、頭が相手の下半身に向くようにして、相手の右腕を挟み込んだまま、上体で相手の胴に覆いかぶさります。

そこから、右腕を大きく回して、相手の下半身を取りに行きます。

この時、相手の臀部の中心をしっかり抱え込む様にして、帯または、相手の道着の裾を掴みます。

右足で相手の左腕をロックして、抑え込みに入ります。

2)浮固のコツについて

まず、いきなり浮固を極めに行くというよりも、十字固めが相手の堅固な防御で極まり切らない時に、移行するのがいいでしょう。

コツとしては、相手を自分の方に向けて臀部を抑えたとき、浮固を極めるために、右足を相手から外すときに、自分の足を大きく開くと、相手に逃げられてしまいます。

この時、膝を開かずに膝下だけ動かして、顔から外すようにすると、相手に逃げる隙を与えずに済みます。

寝技に行っても、力の強い相手の頑強な抵抗にあって、極めきれない場合でも、このような技に連絡させると極めることが出来ます。

寝技の変化技や連絡技を身に着けて、柔道の幅を広げ上達の道を進みましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA