柔道の崩れ上四方固めは、抑込技に分類されます。

上四方固めは、正式な上四方固めと、それ以外のものに、崩れ上四方固めと呼ばれるものがあります。

まず、正確な上四方固めを確認しましょう。

上四方固めは、柔道の寝技としては最も使用される技と言っていいでしょう。

階級を問わず、男女でも多く使用されます。

仰向けにした相手の頭側から相手に覆いかぶさり、相手の両肩の上または、両方の腕の横から、抱き着くように自分の両手で抑え込む技となっています。

この場合、両腕で横帯をとって、相手の両腕が抜けないように抑える方法と、相手の両腕を万歳のような形で固めて抑え込む方法があります。

この上四方固めの変化技である、崩れ上四方固めの場合には、いろいろな変化技があります。

同じような変化技には、袈裟固めに崩れ袈裟固めがあるのと同じです。

これらを身に着けて、上四方固めで極めきれなくても、崩れ上四方固めで極めることも可能ですから、技の幅が広がり、柔道の段階が上がって上達が図れますよ。

1.崩れ四方固めと掛け方とコツについて

それでは、崩れ上四方固めの掛け方の例と、そのコツについてお話ししましょう。

1)崩れ上四方固めの掛け方について

抑え方は、上四方固めと同じで、仰向けになった相手の頭上方向から抑えます。




上四方固めが、両腕とも同じように両肩の下から横帯をとりに行くのに対して、崩れ上四方固めは、左右の取り方が違う形になります。

右腕は、相手の右腕を脇に挟むようにして、抱きかかえ、後ろ襟をとり、左腕は上四方固めと同じように、肩から潜り込ませて横帯をとります。

これ以外にも、両方の手を相手の背中で交差させ、相手の後ろ帯を取って引き付ける方法もあります。

相手の両腕が固定されないと、そこから逃れられる可能性もあるので、気を付けましょう。

崩れ上四方固めのコツについて

確実に極めようとしても、相手も必死に逃れようとして、体を小刻みに動かして、固められている状態を緩め、左手で相手の後帯をとって、ブリッジをとって返しに来ます。

そのため、逃れられないようにするため、足を大きく開いて踏ん張り、十分相手を自分の胸に引き付けて、しっかりと抑えます。

また、状況によって、自分のお腹で相手の顔に覆いかぶさるばかりではなく、右肩寄りになるなどの変化を付けることも可能なので、使い分けましょう。

参考までになのですが、この崩れ上四方固めは、抑込技の連絡技として横四方固めから崩れ上四方固めに連絡させることも出来ます。

抑え込みの基本と、変化技を修得して、柔道の寝技の上達を図りましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA