柔道の逆一本背負いとは、取(技をかける人)が引き手を離し釣り手側に回転して一本背負をする形です。右組みの取が自然体で組んでいる状態で左の一本背負をするので、組み際や喧嘩四つ組みの時の奇襲攻撃に使われます。

逆一本背負いのやり方

柔道の逆一本背負は普段と反対の技をかけることになります。右組みなら左組みの背負投が出来ないとなりません。

右組みの一本背負いの場合、釣り手を離して受(相手)の右腕を抱える様に入りますが、逆一本背負いは引き手を離して釣り手側、受の左腕を抱え込む様に入ります。

足の運び方は左足から受の左足の内側へ踏み込み、体を回転させながら右足を受の右足内側に運びます。

背中で受を背負い釣り手を引き投げます。

練習メニュー

柔道の逆一本背負いの練習としては普段使うわざと反対の技の練習となりますので、足の運びが難しくなると思います。

また、喧嘩組みだと半身体が多くなるので両者が釣り手を組合い引き手は距離ができてしまうので逆一本背負いをする時、踏込みは浅く、回転は大きくさせなくてはいけません。

上達する練習メニューとしては、回転軸を意識した練習が必要になります。普段、右組みの人が左組みの技をかけることは思うようにできません。特に回転が上手くいかない場合が多いです。

上達する練習メニューのひとつとして、横移動しながらの打込みがあります。釣り手側(右)に横移動しながら逆一本背負いの練習をします。




喧嘩組みで横移動しながら、釣り手を右斜め上へ引き上げながら受の体勢を崩し左足を右斜め前へ大きく踏み出して引き手を受の肩口もしくは上腕部を挟み込む様にします。

腰を回転させながら右足を踏み込んでいる左足の横まで移動します。背中を受の胸に密着させて逆一本背負いで担ぎ上げます。

ここで意識する回転軸は、踏み込んだ左足に注意します。左足の踏込み位置のポイントを掴むことができれば横移動の反動を使い回転で投げることが出来ます。

練習での注意ポイント

柔道の逆一本背負いの練習で注意するポイントは、釣り手で受(相手)のコントロールをすることです。

横移動で練習するので、釣り手でコントロールしないと受が流れてしまい、自分の軸がずれてしまうからです。

移動中は横に引きますが、技に入る時には自分の斜め右に引き込みます。受が横移動から一瞬斜めに移動することによってスピードが落ち体制を崩されるところで逆一本背負いが有効的にかかります。

柔道の逆一本背負いは、先に述べたように喧嘩組みの場合や組み際の奇襲的攻撃として有効的になります。

特に喧嘩組みの場合は引き手が相四つよりも取りづらく、組合っても技が相四つよりもかけ難い状況が多くなってきます。

逆一本背負いが出来れば喧嘩組みの相手の対策として大きく幅が広がり柔道の上達に繋がっていくでしょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA