柔道の一本背負い(いっぽんぜおい)とは、背負投げの変形の形で、釣り手で相手の腕を掴むか挟み込んで相手を背負い上げて投げる技です。

一本背負いのやり方

柔道の一本背負いのやり方、ここでは右組みで相四つの場合の基本的な形でやり方を説明します。

引き手(左手)は相手の肘の下を掴み、斜め上に引きあげ前回りさばきで相手の懐に踏み込み、体を沈め、釣り手(右手)で相手の上腕を挟み込み固定し、相手を背負い上げて、引き手で引いて投げます。

これが基本の形になります。

他には、相手を押し込みながら自分が飛び込む様に踏み込む方法や引き手を相手の襟を掴む方法などがあります。

一本背負いの練習

柔道の一本背負いの上達する為の練習メニューを紹介します。

一本背負いの練習。上半身の使い方/h4>
まず、一本背負いのコツは背負うときに釣り手(右手)で相手の引き手(右手)を固定することです。

背負った時に相手の腕を固定できていないとバランスが不安定になり投げづらくなります。体格差や実力差が大きくあれば補うことができますが、基本的には固定しないと自分の背中が相手に密着しないので背負えません。

練習メニューとしては自分が右足を踏み込んだ状態で半身になり、釣り手の使い方を練習します。

釣り手で相手の腕を固定するコツは、相手の上腕部を自分の肘の内側で挟み込み肩口を掴むか、相手の脇の下のところを挟み込み肩口を掴めば上手に固定できます。この時に引き手を自分の胸の前に引きつけ相手の釣り手が伸びきる様にします。

一本背負いの練習。足の運び

手技で難しい点の一つに足の運びがあります。なぜ難しいかといえば、普段使うことのない動きで筋肉の使い方も普段使うことがないからです。




一本背負いで相手を背負うときの足の位置としては、垂直飛をして着地した時の足の位置が理想です。垂直飛で着地した時はその人の一番踏ん張れる足の位置(肩幅)になるからです。

足の運びを覚える練習メニューとしてテーピングやガムテープを用意します。まずは自分の力の入る足の位置にテープを張ります。親指の位置に数センチの小さいものでいいです。次に張ったテープを基準に正方形の角の位置にテープを張ります。

足元に出来た正方形を練習に使います。理想は畳の境目を活用し畳の境目が中心に来るようにできればいいです。

右足を左足の対になるテープの位置に足を運び、体を回転させながら左足を右足の対になっていたテープの位置に運んでいきます。そうすれば体の回転と足の運びがわかります。

正方形を作れば回転だけで繰り返し練習できます。また、畳の境目を中心にすれば回転した後しっかりと状態がずれることなく回転できているか確認できます。

一本背負の背負う練習

相手を投げるには体を沈めることも大切です。膝を曲げ相手を背負う形にしなければ投げられません。

体を沈めるといいますが、膝を曲げしっかりと背中で背負うということです。

相手を背負うときの感覚を掴むためには自分と同じくらいの人をおんぶしてみてください。この時におんぶしやすい位置が一本背負いで背負うときに理想の位置です。

これを踏まえて上半身と足の運びを使い一本背負いで相手を背負い投げます。

一本背負いの上達のためには

最後に柔道の一本背負いの上達のためには、背中でしっかりと背負うことです。平成の三四郎といわれた古賀俊彦氏は背中に目があると言われていましたが、これはどの位置からも相手をしっかりと背負い一本を取ることができるのからです。

背中の位置、すなわち状態、重心が重要であり基本の形ができれば、相手をしっかりと背負うことができてくるので一本背負いが上達していきます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA