柔道の小内返しは、相手の小内刈をかわして、相手が小内刈りを仕掛けてきた時の勢いを利用して、相手を引き落として投げる技です。しかし、小内刈りは動作が小さくスピードもあるので、小内返しは難易度が高い技です。

小内返しのやり方

柔道の小内返しは、受(相手)が小内刈りを仕掛けてくるときに自分の刈られる足、(右組みの場合は右足)をかわし、受の重心が崩れたとき、取(自分)は体を右にひねりながらかわし、受を引き落とします。

相手は技をかわされたことによって重心を崩すのでその機に、相手の技の勢いを利用しながら引き手を引き釣り手で押し込み体をかわした時の遠心力で、相手を投げます。

小内返しのコツ

柔道の小内返しは、相手の技のタイミングと自分の俊敏な反応が必要となります。

コツは相手のタイミングを掴むことです。小内刈りは技のスピードがあり相手の動作も少ないのでタイミングを掴むのは難しいですが、どんな技でも技へ移行するときの動作はあります。

また、小内返しのときに、釣り手と引き手をしっかりと使い相手を回転させる様に投げなければいけません。

小内返しの練習

小内返しの上達する練習メニューは、引き手と釣り手の使い方を覚えることから始めていきましょう。

釣り手と引き手を上手く使うといっても中々出来るものではありません。また体を右にかわすか左にかわすかによっても使い方は違います。




釣り手と引き手を使い相手を崩すイメージとしては、車のハンドルを回す様にすると良いでしょう。

または、タオルなどを使用し手を伸ばし肩幅にタオルを持ちます。タオルをしっかりと伸ばし、タオルの中心がブレない様に上下に動かします。タオルが張られた状態で中心をブレさせない様にすると、引き手と釣り手の使い方が覚えられると思います。

引き手と釣り手が使える様になれば、相手の体の重心を崩すことも、技を効果的に決めることもできるようになってきます。

その他、上達する練習メニューは、体さばきを身につけることです。体さばきが出来ないと小内刈りをかわすことが出来ないので体さばきの練習をしましょう。

体さばきの練習は、相手と組みあった状態(右相四つ)で相手の右側に回り込み、引き手を引いて釣り手で釣り上げもしくは押し込みながら相手を動かしていきます。

反対に、左へ回り込んだら引き手で押し込み、釣り手で引き込みます。相手と自分で円を描くように回れると連続して練習できます。

体さばきと釣り手、引き手が出来るようになれば後は相手の小内刈りに対して反応して小内返しを練習していきます。

小内返しは返し技の中でも難易度が高いですが、小内返しの練習は他の返し技の基本にも繋がり、応用できるので継続して練習していきましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA