いよいよ体落としを試合で使ってみましょう。試合は練習の時とは違い相手も必死ですからなかなか投げれません。

しかし練習したことをしっかりやれば必ず試合で体落としが決まるはずです。そこで今回は柔道の試合において体落としをどうかけていくか考えてみましょう。

1.とにかく掛けえてみよう

柔道で連絡技と同じくらいに重要になってくるのが連続技です。連続技とは同じ技で何度も攻撃を仕掛けることです。

体落としは技を掛けてから次に踏み出しやすくしかも体落としの連続技は効くんです。体落としを掛けて相手にこらえられたり足を避けられたらもう一度かければいいのです。

その時に、相手を一回上に思いきりあおってから掛けてください。二回、三回と掛けていると相手も崩れてきて投げることができます。

体落としは相手を持ってくることが出来れば案外簡単に投げることが出来るのでパワーや体重がある選手にもおすすめです。

1.いろいろな技と組み合わせて使おう

柔道の試合で相手に反撃する隙を与えないことはとても大切なことです。体落としでそれを可能にするには体落としともう一つ前技を身に着けておくことが有効です。




例えば払い腰です。払い腰を掛けてかからなかったときすぐさま一歩踏み込んで体落としに行けば相手の重心はこらえたとはいえ片足によってますからそこに足を掛ければ効果は絶大です。

そして内股の後に体落としをすればもう片足が浮いている状態なのでほぼ確実に投げることが出来ます。

このように体落としは前技との相性がいいので相手を追い詰めたいときに使える技と言えます。

2.フェイントを使おう

柔道の試合においてフェイントはとても重要な役割をはたします。相手に今からこの技で投げるぞと言いながら掛けては掛かりませんからね。

体落としは上半身の動きがほかの技に似せやすく入れる位置があまり限定されないのでとてもやりやすいと思います。例えば何回か大外刈りを掛けておいて、上半身は大外刈りの形で踏み込み二歩目の足を体落としの形でつきます。

そしたら相手を自分の体に引き寄せ体をひねりながら膝を伸ばせば投げることが出来ます。重要なのは相手に勝手に次の技を想像させることです。

フェイントは簡単にできるようになるものでは無いのでしっかりと練習をして上達しておきましょう。

試合で体落としを一つ持っているだけで相手に相当なプレッシャーも与えることが出来るので身に着けておいたほうがいいと思います。特に担ぎ技をしない選手だと技につなげやすいのでいいと思います。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA