一本背負いを乱取りできるようになってきたら次は乱取りや試合で投げれるようになりましょう。奇襲といえば聞こえは悪いかもしれませんが、要は相手の不意をつくということです。

不意をつくというのは柔道においてとても有効で奇襲によって相手にこらえる時間を与えないようにします。

1.入りにくい状態から入る

なかなか自分の組み手をさせてもらえなかったり片方しか組ましてもらえないという経験は誰しもあるのではないでしょうか。そういったとき一本背負いを持っているだけで戦い方がだいぶ変わってきます。

この時に一本背負いをしたときにそのまま足をかけて一本背負いの形の大外刈りやそのまま抱き込み小内などを持っていると相手はいつどの技がくるのかわからなくなりうかつに攻撃してこなくなります。

相手が自分の技を警戒して動きが硬くなっているときに隙が生まれ投げにつながります。また、相手に頭を下げさせられたり相手に動かされているときにも一本背負いは片方の組み手を持っていれば技に入ることができるので心理的にも相手より有利になれます。

2.準備動作をせずに技に入ろう

準備動作というのは、技をかける前に小技をかけて相手と距離を取ったり腰を引いてみたりと技をかける前に行う動作のことを言います。




確かにこれも大切なのですが。相手にばれてしまうリスクも負っているので奇襲になりません。

いまやろうとしているのは、組み手を切ったらすぐかける、相手が技をかけたらすぐ自分がかけるというような相手に防御の隙を与えないやり方です。一本背負いは、片方しか組み手を持っていないがゆえに投げにくいという弱点もあるので施行を凝らしいかに確実に投げにいくかが重要になってきます。

3.こんなところに気を付けよう

よく一本背負いをかけたときに相手につぶされて何回やってもつぶされてかけ逃げを取られている人がいますがこれは相手にぶら下がっていることが原因です。自分では一生懸命相手を畳に投げようとしているのですが、ただ下に引き付けていても相手にとってはただぶら下がられているくらいにしか感じられないのです。

また、両膝を畳についている人がいますがこれはいけません。皆さんも膝をついて座っている状態から立ち上がるのと膝を浮かすまたは片膝から立ち上がるのではどちらが早いかわかりますよね。

より相手に早く力を伝えるのに両膝をつくのはよくないですし先ほどのぶら下がりにもつながります。膝は畳から数ミリは浮かすようにすると良いと思います。

細かいところを気にしながら大きく技に入れるようにしましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA