相撲でも決まり手があるように柔道にも決まり手があります。つまり一本を取る技ということです。

そこでまず一本背負いで投げるにはどうするか考えていきましょう。

1.投げる前に

一本背負いの打ち込みができるようになったら次は投げてみましょう。まずはもう一度打ち込みをして動きを確認しましょう。

打ち込みにも慣れてきたら次は持ち上げ打ち込みをしましょう。持ち上げ打ち込みというのは打ち込みをしてそのまま投げる直前までを連続して行う動作のことです。

本当に投げるくらいの勢いで持ち上げてなるべく持ち上げた姿勢を保ちましょう。これは相手の重さに耐える練習にもなり柔道に大切な部分になります。

これが出来ればあとはなげるだけです。投げるの自身がなく思い切り投げれない方は下にマットなどを引いてみてはいかがでしょうか?

畳で投げる時も思い切り投げないほうが相手は痛いものです。それにお互いの練習にもならないので全力でなげましょう。

2.投げ込みの基本

いよいよ投げ込みです。初めは早くなくてもいいのでしっかりと形を
確認しましょう。

一歩目の足を出したと同時にしっかりと引手を引き上げましょう。相手の重心をなるべく高くなるべく、なるべく前に出すようにイメージをしっかりと持って引き出します。




そして二歩目で回転したら釣り手の肘を直角にして相手の脇をしっかりと挟みます。腕はつかんでもつかなくてもいいのでやりやすいほうで大丈夫です。

ここまできて重要になってくるのが上半身の姿勢です。よく投げるときに下を向く人がいますがこれでは投げれません。

ですからしっかり上半身を起こして目線をやや上にもっていき、しっかりと相手の股の下に自分の腰をもぐりこませましょう。

ここまで来たらあとは立ち上がるように膝を伸ばしここでやっと上半身を下に持ってきます。その時もただ下を向くのではなく体をひねりながら最短コースで畳にたたきつけるように投げましょう。

3.動きながらなげよう

本当の柔道の試合においてじっとしている相手はいません。そこで動きながら投げる練習をしましょう。

前後左右、上下や斜めの動きなど相手を動かしてから先ほどの投げ込みの体勢に入り投げ込みます。慣れてくると相手が動いているよく約束稽古と呼ばれる練習でも使えるようになるはずです。

最後には乱取りや試合でも使えるよう上達を目指しましょう。一本背負いは使い勝手がよく、軽量級から重量級のどの階級でも使えいろんな技とも相性がいいので連絡わざとして組み入れてみてはいかがでしょうか。

きっとあなたの決まり手となるはずです。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA