隅落(すみおとし)は空気投げとも言われる手技で、相手が後退させた足を踏み出す瞬間に、引いて投げる技です。三船久蔵十段やシドニーオリンピックで‐60㎏決勝戦で野村忠弘選手の決まり技で有名です。

隅落のやり方

柔道の隅落のやり方は、相手を追い込んで後退させ、相手が押し返して踏み込んできた瞬間に自分の足を踏み込み支え足にします。

引き手を引いて、釣り手を相手の胸部の所を押し上げ相手を回転させて投げます。

柔道の形の浮落に似ていますが浮落は相手を前へ回転させて投げますが、隅落は後ろへ回転させて投げます。隅落は浮落と同様に相手の重心の崩しや体さばきで投げるので見た目よりもはるかに難しいです。

隅落のコツ

柔道の隅落で重要なことは相手の重心移動と自分の体さばきを上手く利用することです。相手の足が畳につく瞬間が最も効果的です。

感覚的には大外刈りの足を刈る前に投げるようになります。引き手の引き落としと釣り手の押し込みで相手をコントロールすることが重要です。

また、相手の重心をコントロールするので自分の重心をしっかりとしなければいけません。踏み込んだ時に腰を落とし重心を安定させることがポイントとなります。

隅落の練習

隅落の上達する練習メニューは、相手と組合って移動をしながらタイミングを掴む練習から始めましょう。




前後左右に組合いながら移動し相手の重心の移るタイミングを掴むことが必要になります。例えば、前進する場合は踏み出した足が地につく瞬間に重心が移動します。この重心移動の時に重心を崩すことで、その力を利用できます。

次の上達する練習メニューは、自分が体さばきをした時に重心が崩れない練習をします。体さばきをする時は自分の重心を移動させる必要があります。

相手を崩した時に体さばきが不十分であれば、自分も相手も重心が安定してない状態なので隅落をかけることが難しくなります。

体さばきで重心を保つ練習には、基礎トレーニングとして反復横飛が効果的です。その他にはバランスボールを使って体幹を鍛えましょう。

バランスボールでの体幹トレーニングは、バランスボールの上に座り足を延ばします。始めのうちは踵をついてバランスを保ち、出来るようになれば宙に浮かせバランスを保ち続けます。

体幹を鍛えることは重心のブレを少なくすることができ隅落をかけるうえでとても重要です。また隅落だけでなく柔道の上達のために重要になります。

相手が勢いよく攻撃に踏み出してくる時(例えば大外刈りや払腰など)や技をかけずに足を戻す時が、隅落をかけるチャンスになります。

実践では隅落を狙ってかけるのはとても難しいですが、タイミングが合えばできます。日頃の練習から相手の重心移動を意識していれば隅落しのチャンスはあります。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA