柔道の内股すかし(うちまたすかし)は手技のひとつで内股の返し技です。返し技の中でも勘と反射神経が要され、難しい技でもあります。

内股すかしのやり方

柔道の内股すかしは相手が内股を仕掛けてきた時に、相手に払われる方の足を引き相手の足をすかします。

相手はすかされることで重心を崩すので、その時に釣り手で頭を押す様にし引き手でコントロールしながら前に転がすように投げます。

内股すかしのコツ

内股すかしのコツは、相手が内股をかける時、振り上げる相手の足が自分の股間に入らない様に、膝を曲げ内側に入れて股を閉じる格好にし、相手を空振りさせます。

相手が内股をかけるのをやめない様に、技をかけられる瞬間は上体を相手につけて、相手が内股をかけるのを誘発します。

内股すかしは反射神経と勘が重要ですが、相手の得意技が内股であったりする場合は誘発しある程度は狙うこともできます。

内股すかしの練習

内股すかしの上達する練習メニューは打ち込みを受けながら内股のタイミングを掴んでいきましょう。

内股すかしの重要になるポイントはタイミングです。タイミングが早ければ相手に悟られ技をかけなくなり、遅ければ内股を受けてしまい投げられてしまいます。

足をすかした後は、釣り手と引き手を使い前に転がす様に投げなすが、釣り手と引き手の使い方としては、大外刈りをかける時のイメージを持つと良いです。




釣り手で相手の頭を押す様にし、引き手で引きつけながら回しますが、大きく車のハンドルを回すような感覚で回し投げます。

内股すかしの上達する練習メニューとして体さばきも重要になります。相手の動きに反応して体さばきする必要があるからです。

コツでも述べたように内股すかしは狙っていると相手が警戒し技を出してこなくなるので内股がかかる瞬間に反応する必要があります。

ある程度実力差があれば、内股を誘発し相手の上半身の使い方で合わせてすかすこともできますが、実際には難しいです。

体さばきの練習メニューは、打ち込みなどで内股のタイミングを掴むことが出来てから行っていきましょう。

タイミングに合わせて、内股をかけられる自分の足の膝を曲げて片方の足に重ねます。

初歩段階では足を重ねることが出来ても、上半身が相手に密着しているために上手くすかすことが出来ないと思うので、内股をかけられる瞬間に半歩斜め前へ踏込みながら内股をかけられる足を重ねるとスペースを作ることが出来るので楽になるでしょう。

まとめ

柔道の内股すかしは返し技の中でもたいへん高度なわざです。実力差や体格差があれば狙うこともできますが、実力が拮抗していれば難しいです。

しかし、どの技でも言えますが覚えておけばいざというときに役に立ちます。返し技は相手の技に反応して繰り出しますが、土壇場での逆転を出来る技です。覚えておいて損はしません。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA