柔道の腰車(こしぐるま)は、釣り手を相手の首の後ろに回し抱きかかえるようにしながら、後腰に乗せて、回転するように相手を投げる技です。

腰車のやり方

柔道の腰車のやり方は、引き手で相手の中袖、釣り手で奥襟を握り、相手を前方に崩します。引き手を効かせて、相手を前のめりにしながら、釣り手を奥襟から相手の首の後ろを抱きかかえるように回します。

このときに、引き手をしっかりと引きつけ、相手が自分の引き手側に前のめりになり、足を出してくるよう誘う形になります。

後首を抱き寄せながら、半身になった相手に素早く腰を入れ、自分の腰に乗せます。このとき、膝を曲げ、上体を前に傾けることで、相手の重心をさらに前へ崩します。

そこから、両足のバネを使い投げます。

腰車のコツ

相手を腰に乗せるとき、自分の体と相手の体が十字になるくらい深く入れると、膝のバネと相手の首を巻き込む力を上手に利用できやすくなります。

投げるときは、引き手を効かせ脇を絞めると、首を巻き込む力が分散されにくくなり投げやすくなります。

相手が畳に落ちる直前に、手は首から離して引き手に添える様にします。首に巻いたままでも良いのですが相手をコントロールして投げないと怪我に繋がるので注意してください。




腰車の練習

柔道の腰車の上達する練習メニューは、釣り手の使い方を練習していきましょう。自然体で組合っている場合、釣り手は相手の鎖骨辺りを持っているので、腰車をかける時に釣り手の位置を変える必要があります。

中学生以下では奥襟を持ち続けることは反則になるので、技に入る直前に相手の首を抱きかかえるようにしなくてはいけません。

上達する練習メニューとして打ち込みで釣り手の使い方を意識して練習を行いましょう。技をかける前は自然体で組み、引き手で引きながら腰をいれると同時に釣り手を相手の首を抱き寄せます。このときに体の回転に合わせて釣り手を首に回し込みます。

引き手をしっかりと引き込むことで相手が前のめりになるので、釣り手を首に回しやすくなります。引き手が不十分になると釣り手を回し込む動作が大きくなるため引き手の使い方にも注意しましょう。

柔道の腰車は技としては大腰に似ています。大腰は釣り手を相手の後ろ腰に回しますが、腰車は相手の後首に回します。腰車を練習する際には同時に大腰の練習もしていくと良いでしょう。

また、柔道の腰車は相手の後首に釣り手を回しながら投げる為、投げた後にそのまま袈裟固めに入りやすい技でもあります。

しかし、相手の首を巻き込みながら投げるので、相手も自分自身も怪我をするリスクが高い為、引き手をしっかりと使い相手をコントロールて投げることが必要になります。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA